カテゴリ:Jazz( 357 )

忘れられない1日!

先日の高田馬場Gate oneに来て頂いたみなさん、本当にありがとうございました。
とても楽しい時間でした!
たくさんのプレゼントまで頂き、本当に感謝しています。
この場を借りてお礼申し上げます!!ありがとうございました。

その日は8年ぶりのTA-TA Septetの再会ライブ。
最高なメンバーで大いに盛り上がりました。
久しぶりに集まったメンバーに僕自身もかなり興奮しました。

<セットリスト>
1st.
1.Footprints
2.Talking Junction
3.My one and only love
4.夕焼け

2nd.
1.Golden Flower
2.Body and soul
3.Isn't she lovely

en.Sonymoon for two

w/佐藤帆、森田修史(ts)、安東昇(b)、力武誠(ds)、和泉聡志(g)、荒武(p)


お客さんも階段の上までぎっしりで嬉しかったです。
このメンバーで一緒に音が出せて、僕は本当に幸せ者だと思いました。
本当にありがとうございました。

終演後はお客さんも一緒に飲みスタート!
信二さんもまり子さんも舞ちゃんも裕香も一緒に楽しみました。
その一部を公開します(笑)

まり子さんと一緒に。歌のプレゼント!!!b0122712_15425110.jpg















信二さんがギター弾いてくれました。最高な時間でした。b0122712_15432259.jpg















最後までみんなと飲み明かした後。。。
どんどん壊れていきました(笑)
お陰さまで35歳になりました!嬉しかったなぁ!

左からまり子さん、裕香、舞ちゃん、僕、リッキー。あー楽しかった!b0122712_15501153.jpg

















本当に本当に皆さま、ありがとうございました!!!
これからもよろしくお願いします!
[PR]
by arapf331 | 2009-04-02 15:59 | Jazz | Comments(0)

NY旅行記③

さてNY旅行記も4日目を迎えました~!!
プーさんのレッスンが終わり今度はライブ三昧です。

ではどうぞ~!!!


5月26日(木) NY4日目
 
朝から雨が降っていたので、部屋で歩と朝食をとる。
昨日プーさんからお土産で頂いた玄米のおにぎりと梅干と昨日の残りを食べる。
アメリカの食事のボリュームは凄い。ある意味いやがらせに感じてしまうほど。なかなか食べきれない。
シャワーを浴びて、仕事でNYに来ていた斎藤さんとロビーで待ち合わせ。
会社の先輩の川島さんも一緒にBroadwayのイタリアンレストランに連れて行ってもらう。そのあとインターネットカフェに歩と行き、買い物を済ます。夜はお待ちかね、Village Vanguardに向かう。
 
今日は4本ものライブをはしごするという予定を立てて、グリニッジビレッジに到着。斎藤さん、川島さん、たかこさんも一緒に計7人。今までで最高人数だ。夕食は近くのタイ料理で済ます。思いのほかおしゃれでおいしかった。

b0122712_1547113.jpg1軒目「SweetRhythm」へ。出演はAndy Milnes(p)クインテット。なんともアブストラクトな変態バンド。かっこいいのには変わりはない。日本ではなかなかこの手のサウンドには出会えないかも知れない。曲がなんとも不思議な調性にあり、リズムもトリッキーな仕掛けがたくさんあった。CDを2枚購入しサインをしてもらう。

b0122712_15482565.jpg2軒目の予定を飛し、Village Vanguardに向かう。出演はClark Terry(tp)クインテット。1stセットはsold outらしく、45分入り口で並んで2ndセットを待つ。入場して一番前のピアノの後ろに陣取る。早速Clark Terryと記念撮影をしに、しょうこちゃんとミュージシャンの控えに。最高な笑顔で迎えてくれて、心地よく撮影してくれた。ライブはスタンダードのみ、しかし、エンターテイメント溢れるステ-ジングに興奮。ピアニストのHelen Sungがとっても良かった。終演後にしょうこちゃんと記念撮影をしてもらい、名刺も頂いた。やさしいなぁ~!!

b0122712_15485955.jpgグリニッジを後にして、ホテルの近くのBarで飲みスタート。良い音楽を聴いたあとにはおいしい酒を飲みたくなる。明け方近くまで、みんなで色んな話をしてとても楽しかった~!!!



明日またプーさんのレッスンを受けることになっている。
頑張って色々吸収して日本に帰りたい!!
[PR]
by arapf331 | 2009-04-01 15:53 | Jazz | Comments(0)

NY旅行記②

連日掲載しているNY旅行記。
今回は中盤戦!!
という訳でスタートです~!!


5月25日(水)
 今日は昼ぐらいに起きて、早速買出しへ。
近くのDeliで惣菜たっぷりと買い込み、部屋で食事。
インターネットカフェを見つけて、そこから日本のみなさんにメッセージを書き込む。
一旦ホテルに戻り、歩の携帯からプーさんに電話。
「今日の午後に来なさい!」とうとうプーさんからレッスンを受けられる!!

まず教えたりすることをしない方が時間を作ってくれたことに感謝。
そして、珠也さんの紹介が無かったら実現不可能だったろう・・。
覚悟を決めてチェルシーのW20 st 7aveにある自宅にお邪魔した。

b0122712_13411166.jpg部屋が広い!Garageタイプでスタインウェイピアノや様々なシンセ類が並べられた楽器室。奥のリビングに通され、同居しているあきこさんに紅茶を頂いた。初めてちゃんとお話させて頂き、緊張しながらもジャズ談義に花が咲いた。プーさんが日本での活動からNYに移って約30年。大変だったと思うが、この生活を見てやはり素晴らしいピアニストなんだと実感した。ピアノを弾きながらタッチやフレーズのアクセントやスピード感のアドバイスを頂いた。

b0122712_13414443.jpgなぜプーさんの音があれだけ緊張感に満ちているのか、少しだけ分かった気がした。8月に日本で発売になるG.Osby(as)とのデュオアルバムのラフミックスのCDRをプレゼントしてくれた。あとプーさんのソロピアノ作品集も頂いてしまった。研究するぞ~!

b0122712_13431579.jpg

あれだけのキャリアを持ちながらも、なんとも気さくな方でした。プーさんが食事を作ってくれるというので、お言葉に甘えて買い物に出かけた。有機野菜しか食べない、アボガドのソースが大好き、ビールはメキシコの黒、とこだわり満載。プーさんと話をしていると、付き合ってきた出てくるミュージシャンの名前が半端ない。Miles,Rollins,Motian,Henderson,などキリがないくらい。さすが!

b0122712_13443845.jpgとっぷり日も暮れて夜11時、プーさんとあきこさんに見送られて自宅を後にした。今日はアポロシアターにアマチュアナイトを見に行く予定だったが、これはこれで最高な1日だったなぁ。


まだまだつづく・・・
[PR]
by arapf331 | 2009-03-31 13:48 | Jazz | Comments(0)

NY旅行記①

さて東京は今日も良い天気です。
たくさんのお祝いメールありがとうございます!
今年も頑張って行きますよ!

で、以前のlivedoorのBlogが更新されなくなって随分経ちますが、
最近また見れるようになりました。それはもう続けるつもりはないので、ここに転載していきます。
ではみなさんも一緒にタイムスリップしましょう~!!!
4年前にはみなさん何をしてましたか??

b0122712_12512165.jpg
2005年5月23日(月)日本 初日
見事な快晴。渋谷からリムジンバスで一路成田空港へ。
矢幅兄弟と合流し、空港内で昼食をとる。
旧友:石渡久美子と偶然にも遭遇。
ジャマイカからのバンドのピックアップだそうだ。
出国審査を終えて、15:35無事に成田を出発。
 
ケネディ国際空港に到着!
うぉおおおおお、アメリカ初上陸。テンション上がりますww
無事に入国審査を終えて、地下鉄に乗り込みいざNYマンハッタンへGO~!!
Radio city Apartmentにチェックインし、キッチン付の部屋に満足。

夕食はホテル近くのRay's Pizzaでチキンとピザを頼む。ありえない大きさに驚いた。
完食できずにギブアップとなった。ここで歩のお兄さんのこうちゃんの友人のしょうこちゃんも合流。
夜はCharge freeの「Kanvasu Jazz club」でのSinger Showcaseを鑑賞する。
ジャズというよりは、オリジナルソングを中心にポップなバンドが続いた。
その後はホテル近くのBarでJuke Boxを聴きながらみんなで酒を飲んだ。
時差の疲れからかホテルに着いてすぐに爆睡。


5月24日(火)2日目
今日は朝から雨。一気にテンションが下がる。
朝8時には目覚めて、近くのDeliにパニーニやSandwichなどの食料を買出しに。
ビジネスマンがコーヒー片手にbroadwayを闊歩する様は壮観。

b0122712_13222225.jpg朝食を済ませた後は、シャワーを浴びて部屋の移動。予約ミスのキングダブルのベッドからダブルツインの広い部屋に交換された。街に出て必要なものを買出し。Swatch時計(店長!?最高)や小かばんを購入。まだBroadwayからは出ていない。歩と行きたい場所を話し合いながらstarbucksでコーヒーを購入し、一旦ホテルへ戻る。天気が回復し元気いっぱいになる。

b0122712_12533754.jpgミュージカル「Movin' out」のチケットの当日発売の為、タイムズスクエアのど真ん中に並ぶ。なんと半額50ドルにて当日券をゲット。予約しないで正解だった。Billy Joelの半生を描いたセリフなしの歌と踊りのミュージカル。楽しみだ!しょうこちゃん達も合流し、一路SOHOへ買い物に向かう。

b0122712_1254144.jpg
地下鉄を乗り継いでChanber St.から歩いてSpring St.へ。このあたりはbroadwayと違い、観光客がいない。犬の散歩など生活感がただよっている。随分と街を歩いてくたびれた。penanでマレーシア料理を食べてホテルに戻った。~当然、ここまで英語と悪戦苦闘の連続wwしかし留学経験をもつツワモノ達に囲まれみなさんに助けられながら無事にホテルへ~

夜8時開演のショーを見るためBroadwayへ。ネオン煌くなかR.Lodgers劇場に到着。歌が最高!B.Joelナンバーを生バンドで見事に演奏され、ダンサーが舞う。これぞNYエンターテイメントだ。最後は総立ちで出演者に大喝采のフィナーレ。歌とストーリーが見事にリンクされていて、役者の踊りの質の高さも芝居の見所になっていた。

その後近くのsubwayでSandwichを食べて、セッションしているCreopatra's Needleへ。百々さん(p)さんがセッションを勤めているとの情報だったが、この日はトラ。しかし、Eric Lewis(p)がピアノを終始弾いていた。NYセッションは異様に管楽器が多い。1曲を全員でソロ回しするので、大体30分くらいかかる。学生やらプロなど入り混じってMusician's Songを4曲で2時間半・・。さすがに展開やソロ内容は面白かったが、NYといえどピンきりなんだなぁと実感。NY在住の塩田(b)さんも来ていてご挨拶「お久しぶりです!」
 
b0122712_13181337.jpg














タクシーでホテルに戻って、昨日行ったBarで歩と飲んだ。
日本での活動について初めてゆっくりと話が出来た有意義な時間だった。この日布団に入ったのは朝4時。もう少しで24時間起きていることになりかけた、笑。
この街のエネルギーは半端ないくらい素晴らしい!!!!!!!!

・・つづく
[PR]
by arapf331 | 2009-03-31 13:28 | Jazz | Comments(2)

Goodになれ!

先日テレビでBilly Joelのインタビューやってました。
英会話の番組でしたっけ。

「夢を持って頑張っている日本の若いアーティストにアドバイスをお願いします」
というお約束のような質問がありまして(笑)、、

「まず、小さなところでGOODになることだ。。」との答えが。

そこでインタビュアーが恐ろしい愚問を(笑)





「はぁ、夢は小さく持てってことですか?」




「・・・・・・」


Billyは失笑するどころか、むしろもっと真剣な表情で答えました。

「No,no!夢は大きく持つんだ。でも行動は小さく始めろってことだ」と。


今の小さな場所でGOODになれない人が、どうして大きな舞台でGOODになれるだろうか?
わずかなチャンスを活かせない人が、どうして大きなチャンスを形にできるのか?

小さなパブの顔なじみの客たちすら感動させることができないのに
どうしてカーネギーホールの何千もの人たちを酔わせることができるのか。

そうです。
ドデカい仕事で成功できる人は、小さなつまらない仕事にも全力を尽くした人。


夢というのは、大きければ大きいほど、足元を見失ってしまう危険が伴います。
ついつい、目の前にある現実をつまらないものと考えたり、手を抜いたりしてしまいます。

Billyの「行動は小さく」というのはこの事を戒めているんだと思います。
自分の目の前にある現実をないがしろにしてはいけない。
今の現実の中で力を尽くせる人間になれてこそ、大きな夢を実現するチャンスが与えられるのだ、と。

大舞台で輝く未来の自分の姿を夢見ることができるからこそ、小さなことをやっていても
活き活きと輝いていられるんだと思います。

やはり、Billy Joelの曲って等身大なメッセージでもありますもんね。
人の心にすんなり入ってくる感じ。
自分に置き換えて考えてみてもとても納得できる。

そういう曲や演奏に心奪われるピアニストになりたいなぁと思います。
等身大で。
これが一番難しい。。。

だからトライし続けます。
大きな新しい一歩を踏み出すかはこれからゆっくり考えていきます。





そしてもうひとつ。

「一小悪は即日身を滅ぼすことはなけれども
 その心万事にわたる故 小を積んで大となる」

これは臨済宗の僧、沢庵和尚の言葉。

~ちょっとした悪事を働いたところで、それによってすぐに身を滅ぼすことはないでしょう。
 悪事と言ったってほんの些細なことでしょうから。
 でも、そういう”悪いことをする心”というのは、やがて積みあがって大きなものとなって
 あなたの身を滅ぼすことになります。小さなことだと思って気を抜いちゃいけませんよ。~

僕のような凡人には耳の痛い教えですが、絶対に悪いことはするな、と言っているより

「誰にだって悪いことをする心、っていうのがあるんだから、そういう悪いことをしようとする
 誘惑が出てきたら、ちょっとしたことだと思って油断しちゃいけないよ」
ということだと思います。

目に見える行動の大小よりも、その行動を背後で生み出している、
見えざる”心”を見逃してはいけない、と。

この言葉はそのまま逆のことも教えてくれているんじゃないかと。

たとえ取るに足らないような小さな親切や善意が、自分にできる精一杯のことだったとしても
そういうことをしようと思う”温かい心”は、自分の存在全体の中にあるんだと。

だから、出来ることは小さくても、正しいことをしようと思えた自分の心を大切にしてやろうと思います。



明日31日は高田馬場Gate oneにて記念ライブやります!

高田馬場 Gate one 「復活!!!TA-TA Septet 2009」
               w/佐藤帆(ts)、森田修史(ts)、安東昇(b)、力武誠(ds)、荒武(p)
               ゲスト:和泉聡志(g)

たぶん、ゴリゴリな演奏です(笑)
でも、僕が最初に組んだ大好きなバンドメンバーとの再会ライブです。
みんな10年経っておっさんになってますが、若い頃の熱い演奏を期待していてください!!
[PR]
by arapf331 | 2009-03-30 17:03 | Jazz | Comments(1)

三寒四温

先日嬉しいお話を受けました。
少し前に進んだかな。
夏ごろから具体的に動き出すと思います。

今年は時速80kmくらいで行く予定です。
確実に前に進んでいこうと思います。
ここでみなさんにお知らせできるのを楽しみにしていてください!


先日の新宿Pit innは初の清水昭好(b)との共演でした。
オリジナルとスタンダードを混ぜてお送りしました。
今後が本当に楽しみなプレイヤーだと思います。

歌の上田裕香(vo)ちゃんも遊びに来て歌ってくれました。
相変わらず素晴らしい歌。
その後はみんなでご飯を食べに飲みに行きました。

そして、大好きな高田馬場Gate oneのセッションにみんなで乗り込み。店は超満員状態!
信二さんやまりこさんと飲みながらセッションを楽しみました。
いやぁ~、やっぱりセッションは勉強になります。
色んな方と初めてご一緒させて頂くのは本当に良い経験になります。

その後はダーツ大会。
surviverというゲームで盛り上がりました。
シメはもう一度飲みなおして解散となりました。

久しぶりに演奏して、セッションして、飲んで、語って楽しい時間でした。
みんなの色んな考えに触れることができてとても有意義な1日になりました。


ということで、
ライブの告知です!
21日(土)池袋 Independence  「トリオ」
       w/安東昇(b)、力武誠(ds)


26日(木)立川 Jesse James  「トリオ」
       w/安東昇(b)、力武誠(ds)


31日(火)高田馬場 Gate one 「復活!!!TA-TA Septet 2009」
       w/佐藤帆(ts)、森田修史(ts)、安東昇(b)、力武誠(ds)、荒武(p)
          ゲスト:和泉聡志(g)

31日のライブはお勧めでございます!
昔やってたバンドを記念に集合して、みんなで楽しみたいと思います!

[PR]
by arapf331 | 2009-03-19 10:13 | Jazz | Comments(3)

さて誰でしょう??

最近はあるピアニストを集中して聴いてます。
それが誰かは内緒ですが(笑)
僕が考える彼の印象を書き出してみますね。誰か分かるとは思います。



ジョシュア・レッドマン(ts)を聴いているときに気になったのが最初でした。
でもそのときはクレバーだけどおとなしい表現をするな、ぐらい。
しかし、メジャー・デビューで彼の本当の可能性がはっきりと認識できました。

まず何といってもその独特のタイム感覚が強い個性を感じさせます。
破たんしそうなくらいはみ出したフレーズを弾くこともあるけど、
破たんする直前で踏み止まっている確信犯(笑)。

そして、ダブル・ラインというか両手で別々の声部をインプロヴァイズする能力。
まさにカウンター・ポイント的処理をリアルタイム処理してしまいます。
これができるのは、インプロヴァイザーとしての彼の実力が掛け値なしにホンモノ。

特にドイツ・ロマン派の影響を強く感じさせるという点において
ジャズ系ピアニストの中でかなり異色だとお思います。
ダンパー・ペダルを多用し時にはめいっぱい踏み込んで潤いのあるサウンドを基本的なトーンとしています。分厚いサウンドで狭い領域に密集で音を配置するのでとてもロマンティクな印象です。
また、テンションなしのシンプルなトライアドの的確な用い方も素晴らしいです。




と、まぁ僕の印象ですので、違う意見も多々あるとは思います。
なんか評論家になった気分です(笑)

それは冗談として、僕は彼のピアノは大好きですね。
今日はOFFだったので集中してTranscribeに没頭しておりました。
さっき終わったので、興奮冷めやらぬうちに書いてます。

こういう作業は本当に疲れますが、自分のプレイにフィードバック出来ればと思えばこそ
時間を忘れてピアノと格闘しております。
すぐに結果の出る世界ではないので、地道に積み重ねていくしかありません。

休みの日ぐらいは映画見たりしてのんびりしていたいなぁ、というのが本音ですが(笑)
限られた時間の中で何かを得ようと思えば頑張れるものです。

バッハの「インベンション」2声・3声をまたやらなきゃなぁと痛感しました。
しかし、本当に素晴らしいピアニスト!

早速彼の書いた曲を明日演奏してみようかなぁと思っております(笑)。
お時間ある方は立川Jesse Jamesに聴きに来てください!


さて誰のことか分かりましたか?
分かった方は今度僕に耳打ちしてくださいね(笑)
[PR]
by arapf331 | 2009-03-13 02:05 | Jazz | Comments(2)

BAJ再び!!!

「舌の根も乾かぬ・・」とはまさにこのことですが(笑)
先日のBlues Alley Japanでのライブから早くも次回のお知らせです。

BAJの社長から早速連絡を頂きました。
嬉しいですね。
というわけでお断りする理由もなく出演を快諾しました!

前回の牧野竜太郎君と弦楽四重奏の共演の内容は動画で楽しんでもらえてるとは思いますが、
次回も弦楽四重奏と僕のトリオはもちろん、ゲストに国貞雅子(vo)を迎えます。
詳細が決定しましたので、ご報告させてもらいます。

~荒武裕一朗(p)Trio+弦楽四重奏 ゲスト:国貞雅子(vo)~

2009年5月19日(火) Blues Alley Japan(目黒)
               前売券 テーブル席(指定)\4,000 当日券は\500UP (各税込)
               【チケット予約受付中】
               ◆ 予約専用 TEL : 03-5740-6041
               【電話予約受付時間】 月~土/12:00~20:00
               上記時間外はインターネット予約が便利です (24時間受付)
               ※ 公演当日のお問合せ : 03-5496-4381 (店頭)

    出演:荒武裕一朗(p)Trio  清水昭好(b)、力武誠(ds)
        Strings Quartet 漆原直美(vln)、松田麻美(vln)、冨田大輔(vla)、白佐武史(vlc)
        ゲスト 国貞雅子(vo)

今回のStrings Quartetは2007年の東京FMホールでの「Music make us one!」コンサートや、
僕とデュオで武満徹氏の作品だけを演奏したりしてくれた冨田大輔(vla)氏にお願いしました。
東京芸術大学出身メンバーで構成された贅沢な弦楽四重奏が実現しました。
どうぞご期待ください!

  冨田大輔(vla)
b0122712_1075525.jpg
トリオには前回も素晴らしいPlayを聞かせてくれた盟友・力武誠(ds)を迎えます。
ベースには若手ながらも今後がとても期待される、
清水昭好(b)がBAJ初登場になります。
                          清水昭好(b)
b0122712_1095539.jpg







そして、
ゲストには現在僕が一番信頼し、共演を願っていた国貞雅子(vo)の参加が決定しました!
これまで何度も共演してきた国貞雅子とBAJのステージに出演できるのは嬉しいですね。
国貞も弦楽四重奏との共演は初めてなので、頑張って弦楽の編曲にもまた挑戦します。

  国貞雅子(vo)
b0122712_10213819.jpg
昨年8月の梶原まり子(vo)、先月の牧野竜太郎(vo)、そして5月に国貞雅子(vo)を迎える訳ですがこの一連のStrings Qurtetとトリオの共演がShow Caseの様相を呈してきました(笑)
これには、BAJ社長のアドバイスや意向も十二分に含まれております。僕自身としても様々な素晴らしい共演者を得て、自分の新しい側面に挑戦する良い機会を与えて頂いていると思っています。弦楽のアレンジにしても更に緻密な構成にチャレンジしていこうと思います。今の自分に与えらえた経験を真摯に受け止め、みなさんに喜んでもらえるようなコンサートになるよう全力で取り組んで行こうと思います。


純粋なトリオ活動もやって行きますが、こういった普段なかなか聞けない編成も僕は好きです(笑)
アレンジや構成は毎回大変悩みながらの苦しい作業ではありますが、
辛かった分だけコンサート当日の音になった瞬間に全てが報われる喜びがまた僕を突き動かしています。ぜひとも足を運んで頂き、楽しんでもらえたらと思います。よろしくお願いします!
[PR]
by arapf331 | 2009-03-04 10:54 | Jazz | Comments(0)

確定申告~Schedule in April

昨日は東京は雪が降ってました。
寒くて寒くて大変。。
僕は南国生まれなんで、やはり寒いのが一番こたえます。

でもこの寒さを乗り切れば春がやってきます。
早く暖かくなってもらいたいものです。

昨夜は確定申告の準備をしてました。
ようやく出来上がり、これから税務署で申告してきます!
あー、やっと終わる(笑)

b0122712_902932.jpg














4月スケジュールをアップします。
みなさんのお越しをお待ちしています!

1日(水)池袋Independence  「ジャムセッション」
      w/清水昭好(b)、力武誠(ds)


2日(木)中野 Thelonious 
      w/清水昭好(b)デュオ


4日(土)長屋茶房  天真庵
      w/国貞雅子(vo)、清水昭好(b)
      東京都墨田区文花1-6-5
      営団地下鉄半蔵門線 都営地下鉄浅草線 押上駅 徒歩10分 03-3611-1821


5日(日)関内 KAMOME 「中村新史(p)チャリティーコンサート」
      w/安東昇(b)、力武誠(ds)他多数
     *この日は12:00から開演のチャリティーライブ。詳細は後日掲載します。


7日(火)西新宿 あ・うん
      w/藤谷多賀子(vo)、甲斐久仁江(vo)


8日(水)立川 Jesse James  「トリオ!」
      w/安東昇(b)、力武誠(ds)


11日(土)池袋 Independence  「トリオ!」
       w/清水昭好(b)、力武誠(ds)


12日(日)田町・未定     「星乃ケイ(vo)3&ジャムセッション」
       w/清水昭好(b)


13日(月)鎌倉 Daphne   「トリオ!」
       w/安東昇(b)、力武誠(ds)


16日(木)西新宿 あ・うん
       w/上田裕香(vo)、菅田かおり(vo)


17日(金)立川 Jesse James   「J.J.presents Live!」
       w/嶌田健二(b)、池永一美(ds)


19日(日)高円寺 AfterHours
       w/清水昭好(b)デュオ


23日(木)関内 上町63     「トリオ!」
       w/安東昇(b)、力武誠(ds)


24日(金)高田馬場 Gate one
       w/梶原まり子(vo)デュオ


25日(土)藤沢 Bamboo
       w/Jay(vo)デュオ


28日(火)吉祥寺 MEG   「吉祥寺ジャズ愛好会主催ライブ!」
       w/清水昭好(b)ほか未定


30日(木)立川 Jesse James
       w/牧野竜太郎(vo)デュオ



よろしくお願いします。
さて、税務署行って申告してきますか!
[PR]
by arapf331 | 2009-03-04 09:03 | Jazz | Comments(0)

ライブ後記2

やはり一気にアップしちゃいます(笑)
どうぞライブの様子をお楽しみください!

2009年2月19日(木) 目黒Blues Alley Japan
荒武裕一朗(p)Trio  w/生沼邦夫(b)、力武誠(ds)  ゲスト:牧野竜太郎(vo)
Strings Quartet w/北川菜美子、新井恵(vln)、佐藤良輔(vla)、坂東真由美(vlc)

作詞・牧野竜太郎 作曲・荒武裕一朗による「Family」
この曲を弦楽四重奏と一緒に演奏するのは2007年の東京FMホール以来です。
闘病生活の中から生まれたメロディーに牧野君が素晴らしい歌詞をつけてくれました。




この日のBlues Alley Japanでのライブの本編最後の曲です。
「Can't take my eyes off you」 邦題は「君の瞳に恋してる」ですね。
MCもちょっとアップしてみました(笑)




そして、アンコールは名曲「Smile」
牧野君のMCが心に響きます。
弦楽四重奏と共に新しくアレンジを書き下ろしました。




この日は本当に楽しく過ごすことができて、とても幸せでした。
お客さんの温かい声援も大きな力となって音楽になっていたと思います。
本当に心から感謝しています。

弦楽のアレンジに関しても、まだまだ足りない部分もたくさんありますが
これからも精一杯自分の持てる力を搾り出していこうと思います。
みんなに助けられて無事に演奏を終えることが出来ました。

これからも音楽と共に前に進んで行けることに本当に感謝しています。
お客さんやメンバーはじめお店のスタッフみんなに「ありがとう」と言いたいです。
毎回新しいものを用意できている自分であるためにも
これからの益々のご声援をよろしくお願いします!

本当にみんな最高でした!
次回ももっともっと深く、真摯に音楽と向き合っていきます。
ありがとうございました!


これだけ動画アップしてたらお客さん来なくなるかなぁ(笑)
みなさん、ライブで聴くのが一番ですからね。
そこんとこはよろしくお願いします(笑)
[PR]
by arapf331 | 2009-03-01 04:33 | Jazz | Comments(0)

腹立てず 心は丸く 気は長く おのれ小さく 人は大きく!荒武裕一朗


by あらちゃん