確信

本日無事に帰国しました。
色んな想いを胸に日本の地に戻ってきました。
どんな環境でも人は変わっていける。

先日の吉祥寺サムタイム。
満席のお客様でした。お越し頂いた皆様ありがとうございました。

メンバーは三嶋大輝b、本田珠也ds。
最高なメンバーに心から感謝しています。
熱く熱くお送りしました。

アイデア豊富なスーパードラマー珠也さん。
日本を代表する素晴らしいドラマー。
かゆい所に手が届くとはまさにこのこと、かな。
本当に幸せな時間。トリオへの想いをもっともっと昇華していきたい。

今年3月からトリオに加入した三嶋大輝。
若いながらも、必死に食らいつく姿勢で音楽を奏でる。
僕にとって今年大輝と出会えたことが幸せだ。
まだまだ足りないこともあるけれど、それを凌駕するジャズへの想い。
大輝との演奏がさらに羽ばたいていけるように、僕も精進します。

努力の結果は右上がりの坂のように現れるわけではない。
ずっと平坦なままで、ある日、急に上昇する。
結果が目に見えず、努力しても平坦な日々が続くと嫌になって辞めてしまう人が多い。
それを乗り超えるのは経験と確信。
このトリオは今の僕の集大成になると確信している。
b0122712_23244488.jpg

偉くなってから、偉そうに発信するんじゃない。
がんばってる「いま、ここ。」がいちばん伝わるし、説得力があると思う。

5年後に生きてるかなんてわからない。
明日生きてる保証はない。
いま発信したいと思ってブログやってるわけです。

先週、海外に滞在している間、
ずっと考えを巡らし、メモを取り、自分を掘り下げる作業を続けてました。

このトリオへの想い。
あの涙に恥じない自分でありたい。
その為の時間、大切に育てていこう。

皆様これからもよろしくお願いします。
また日本で頑張ります。
[PR]

# by arapf331 | 2015-09-28 23:46 | Jazz | Comments(0)  

トップシークレットなるか

女「ねぇ、いつになったら奥さんと別れてくれるの?」
男「あぁ、うん・・・・」
b0122712_2237388.jpg

女「私、いつまで待てばいいの?」
男「・・・・・」
b0122712_22383133.jpg

そんな男女の会話が聞こえてきそうな写真。
これは松崎加代子voさんと宮崎De Jillでのライブ後の一場面。
『綺麗なオッさん』こと松崎さんと焼酎飲みながら、真面目な音楽話をしてました。

くだらなくて本当に申し訳ありません。
来月は大輝とデュオツアーで九州行きます。
もちろん松崎さんとも宮崎De Jillにて共演させて頂きます!
詳細はホームページのスケジュールをご覧ください。
大好きなお店De Jill。皆さんに会えるのを楽しみにしてます。

鹿児島も行きますよ。チラシはこちら↓
b0122712_22483953.jpg

鹿児島では西田千穂voさんをゲストにお迎えします。
昨年の西田さんのレコーディングで共演して以来です。
鹿児島市の明日の地図に出演します。お楽しみに!


最近殊に思うことですが、「面白いものを探す」んじゃなくて、
目の前にあるものを「面白く見る」
この意識があるかどうかで、出てくるアイディアも人と違ってくるなぁ、と感じてます。

『インプットの質がアウトプットの質を変える』

音楽においては、その意識があるのと無いのとでは随分とアイデアが変わる。
やはり普段からインプットの質にこだわりを持って、何事にも取り組まないといけない。


孤独を身につけた人は、誇り高いのだ。
知を以って情を引き出し、意となれ。
旅はまだまだ続く。
[PR]

# by arapf331 | 2015-09-18 23:03 | Jazz | Comments(0)  

Make you feel my love

幸せでいつづけるには
小さいながらも、変化成長し続ける事が必要だと思う。
毎日の積み重ねが大きな変化を生む。

ジャンル関係なく演奏したい曲に出会う。
曲との出会いにも喜びを感じる。
当然、人との出会いにも大きな喜びがある。

今までたくさんの方々に支えられて生きてきた。
僕と出会ってくれた皆様に心から感謝しています。
先の事なんて分からないけれど、今は感謝の気持ちでいっぱい。

「自分の心は自分でつくる」っていう心構えを
何度も言葉にしておく必要があると思う。
まわりで何が起こっても「心の明るさ」をつくるのは自分なんだ、と。

『Make You Feel My Love』
これはボブディラン作曲。ディランらしい、シンプルな曲作り。
アデルが歌って大ヒットした。
http://youtu.be/b3YW3vSIuMA


"I could make you happy, make your dreams come true
Nothing that I wouldn't do
Go to the ends of the earth for you
To make you feel my love"

幸せをあげよう 夢を叶えてあげよう
できないことなど何もない
君のためなら地球の果てまで行こう
僕の愛を感じられるように

色んな人がカバーしてますが、僕はこのMatt Doyleが歌うのが好きだなぁ。
忙しい合間にふと聴きたくなる。
こんなに深い愛。僕にはまだ無理かも知れない。
だけど、辛い人や、悲しみに暮れる人がいれば、
この歌のように元気づけてあげたい。


そして、昨日のBlues Alley Japan公演。
お越し頂いた皆様ありがとうございました。
二台の鍵盤はやはり奥が深い。
色んなハプニングがありつつも、楽しく演奏できました。

終演後に記念撮影。この日は大輝の強気な一面が見れました。
この後、先輩としてちゃんと奴をブッ飛ばしておきました(笑)ご安心ください。
まぁ、冗談で撮影したつもりでしたが、大輝はまんざらでもないかも(笑)
b0122712_20134470.jpg


明日は大輝とガチンコデュオ!
9月18日(金)新宿ピットイン昼の部
荒武裕一朗(p)&三嶋大輝(b)デュオ
14:30〜 ¥1,300(1drink付)

[PR]

# by arapf331 | 2015-09-17 20:27 | Jazz | Comments(0)  

人の温かさに触れた

今年になって初めての東北ツアー。
各地とも大盛況に終わりました。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
そして関係者の皆様、お世話になりました!

平賀マリカvoさんの人気はやはり凄い。
熱烈なお客様達や関係者に歓迎されて、とても楽しかった。
b0122712_2221336.jpg


今回マリカさんと初共演のベース三嶋大輝。
新譜『マンデルシーニ』からの選曲でした。
マリカさんとの共演でまた一つ成長できたんじゃないかなぁ。
貴重な経験だったと思います。

そして、東北人の温かさに触れた今回のツアー。
美味しいものもたくさん頂き、温泉も最高でした。
マリカさんとも、たくさん音楽の話ができた。
感謝、感謝です。

今年に入ってトリオもお願いしている三嶋。
強いメンタルと誠実で温厚な性格。
大鰐での終演後には、温泉に浸かりながら二人で音楽談義。
その後も部屋に戻ってたくさん音楽や人生の話が出来た。

これまでの人生に何があったとしても、
今後の人生をどう生きるかについては何の影響もない。
だから、深く深く考えて行って欲しい。
小さな積み重ねが大きな信頼となっていく。

大輝のこれまでの想いもしっかりと受け止め、
熱い想いで伝えてくれた大輝のその想いが嬉しかった。
お互いとても有意義な話ができた。良い一夜。

自分の人生を決めるのは、「いま、ここ」にいる自分。
大切なのは、過去でも未来でもなく「いまの自分」だ。


【おまけ】
初ツアーの大輝と弘前城を観光。
b0122712_22162724.jpg


ねぷた村にも行きました。
b0122712_22173286.jpg


津軽三味線に挑戦中。
b0122712_22181349.jpg



当然、一人前になれば高い要求がやってくる。
全力で越えていこう。

9月16日(水)目黒Blues Alley Japan
『Two Piano Night !!!』
荒武裕一朗(p)野口拓(p)三嶋大輝(b)
開演19:30 ¥3,000

[PR]

# by arapf331 | 2015-09-14 22:44 | Jazz | Comments(0)  

フォーカスすれば

最近は英語を話す機会が増えた。
先日、東京駅から京都に向かう人達と話をした。
フランスからの観光客。

英語の習得はかなりのやる気が必要。
時制なんかはまだまだブロークン。
最近は単語帳に文章や熟語を書いて、移動中に勉強してます。


5年前に初めてヨーロッパツアーに行った時のこと。
約1カ月のヨーロッパ滞在。メンバーで日本人は僕だけ。
ドイツ人、オランダ人、フランス人というメンバー。

そんなメンバーだから当然毎日が英語。
リハーサルも英語。飲みに行っても英語。
全てが英語尽くしの毎日。

そんなある日、演奏後にホテルに戻ってシャワーを浴びている時、
床に石鹸を落とした時の咄嗟に口をついて出た言葉が、


『Oh my god !!』


我ながら風呂場で大爆笑。。。(笑)
やはり人間って環境が大事なんだと感心してしまった。
b0122712_2135447.jpg


だから、自分がフォーカスしているものが、そのまま自分の人生になっていく。
音楽も英語も人間関係も。
見たくないものは遠慮せずチャンネルを変えよう。

自分はどこに周波数を合わせるのか?
見たいものを見て、聞きたいものを聞いて、一緒にいたい人といる。

自分の歩きたい道を歩けばいいだけだ。


僕は自分の人生のど真ん中にいる(昨夜の高田馬場ゲートワンは宮崎県人率高かった)
b0122712_21193053.jpg

[PR]

# by arapf331 | 2015-09-09 21:26 | 英語 | Comments(0)  

言葉

デュオ。
奥が深いなぁ。

ほんごさとこvoさんとデュオでした。
リズムの深いところまで神経が行き届いている。
凄いキャリアの方だけど、気さくに接してくれる。

同じ九州生まれで酒が好き。
今夜も音楽の話で盛り上がった。

音色と声。
ピアノの一音の良さを褒めて頂いた。

終演後
さとこさん『何を考えて弾いてたの?』

僕『この曲難しいなぁとか(笑)』

さとこさん『なんであんな音が出るの?』

僕『自分では分かりません』

さとこさん『本田竹広さんの音だね』

僕『間違いなく、それは言い過ぎです』

さとこさん『飲もうか』

僕『飲みましょう』

さとこさんの歌には大きな愛がいっぱい詰まってます。
一緒に音を出せることがとても嬉しいアーティスト。

b0122712_1461661.jpg

最近、言葉を雑に扱う人が増えたなぁと感じています。
それは自分を雑に扱うことと同義だと思ってます。

自分自身を雑に扱いながらも
「他人から丁寧に扱われたい」と願う矛盾が雑音になり、その空間を荒らす。
自分が雑な言葉を使いながらも、他人からは丁寧に扱われたいと思っている矛盾。

いつも丁寧な言葉を使いましょう。
それだけで気分が良いから。
音も一緒。細部まで根気よく気を使えば、自分が変わる。

神は細部に宿る
[PR]

# by arapf331 | 2015-09-04 01:49 | Jazz | Comments(0)  

ひっかかり

幼少から鍵盤を触りだした。
あの頃から38年。

色んな音楽に包まれて生きてきた。
とても幸せな時間だった。
そんな環境を作ってくれた両親に感謝。

中学時代。
部活が忙しくなり、ピアノを辞めたいと言った僕に父は、
『お前はピアノを弾いてストレスを発散している。
だから、ピアノを続けなさい』と言ってくれた。

発表会にもコンクールにも来てくれなかったけど、
ちゃんと聴いてくれていた。ありがとう。



もう一度、音楽に向かえ。
全身全霊でピアノに向かえ。
他人が気になっているうちはまだまだダメだ。

事情なんか、みんな抱えてる。
嘘なんかつくな。

頑張っているみんなに。
遠くで見守ってくれている人達に届くように。
こんなんじゃ、きっと届かない。


『ひっかかり』
音楽も人間も『ひっかかり』
僕の中のこの『ひっかかり』を素直に音に出来たら。

時間は問答無用に過ぎていく。
今、やっとスタートライン。
貪欲に行け。
b0122712_258741.jpg


叫ぼう。
必ず明日が来るとは限らない。
[PR]

# by arapf331 | 2015-09-03 03:14 | Jazz | Comments(0)  

Man in the mirror

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

# by arapf331 | 2015-09-01 22:24 | Jazz  

裸の付き合い

雨の土曜日。
8月も終わりですね。

今日は東京レコーディングクラブ主催の録音会でした。
相模湖ホールでたっぷり録音。
里見紀子vlnさん、三嶋大輝bくんとトリオ。

室内楽のような曲の雰囲気もありつつ、
バイオリン里見さんならではの優雅な音色。
やはり、里見さんの『Oblivion』素晴らしかったなぁ。

今日はモニター無しの完全生音。
ベースの三嶋くんも集中したプレイでした。
生音の緊張感も良いもんです。

今回もお世話になった東京レコーディングクラブの中村さんに感謝!
定員を超えた参加者の皆さんの凄いマイクの数にびっくり。
何名かオープンリールでの録音もありました。
本当にありがとうございました。
b0122712_23311186.jpg


その後は三嶋くんと二人で相模湖の温泉へ。
露天風呂に浸かりながら、音楽の話を山盛り。
久しぶりにゆったりと過ごせた。
裸の付き合いもたまには良いもんです。

自分より若い人からも学ぶべき事がたくさんある。
風呂に浸かりながら、無邪気に音楽の話をする三嶋くん。
これからも、その無垢な笑顔を持ち続けていてもらいたい。

辛い事も嬉しい事も、全ては音楽のため。
その想いが音になって、いつか大きく羽ばたく日が必ずやってくる。
その日がやってくるまで、歯をくいしばって食らいつくしかない。

頑張れよ、三嶋。
俺も負けないようにまた明日から頑張ろう。
まだまだこれからも走り続けます!



って、
心優しき先輩みたいなコメントになってしまったじゃねーか(恥)



み〜し〜ま〜!お前、ピッチ悪いんだよっ!
しっかり練習しとけ〜!!!

[PR]

# by arapf331 | 2015-08-30 00:13 | Jazz | Comments(0)  

That's Enough うんざりだぜ〜!

『時間』
最も貴重なものなら、浪費するのはもったいない。
僕はやるべきことや価値あることは、さっさとやっちゃう主義。
その先にあるものが見えてくるから。
b0122712_1475144.jpg

例えば、もし早起きする理由があったら、早起きできる。
できない人は、「したくない」だけ。僕にとって、そこに方法論は関係ない。

だから、音楽にも、もちろん方法論は僕にとって関係ない。
好きな音楽をただやりたいだけ。

こう書くとドライだとか、淡白だとか言われる。
僕に言わせれば、そういう人達は物事の本質的な部分が分かっていないと思う。

なぜなら、
やりたいことをやる勇気と同じくらい、
やりたくないことをやらない勇気も大切だと思っている
から。

そして、「やりたくないことをやらない!」
と決めた瞬間から、自分の人生に言い逃れをすることができなくなるんです。

そう、途端に日々は本質的なものにならざるを得なくなる。
b0122712_1501272.jpg


お気付きの方もいらっしゃるだろうが、
昨年末から、演奏の仕事量を調整させてもらっています。

理由としては、SNSを始めとする情報過多な環境の急激な変化や
自分の中で音楽業界の色んな人達や考え方に拒絶反応を示したから。

あれから半年が過ぎ、だいぶ精神的にも落ち着いてきました。
色んな事がスッキリして、また素直にピアノに向かえるようになりました。


そして、
とうとう11月末にレコーディング決まりました!
通算7枚目のアルバムは待望のトリオで録音します。
メンバーはまだ内緒にしておきますね(笑)
発売は来年初めになると思います。
乞うご期待!


9月16日(水)目黒Blues Alley Japan
『Two Piano Night !!!』
荒武裕一朗(p)野口拓(p)三嶋大輝(b)
開演19:30 ¥3,000

[PR]

# by arapf331 | 2015-08-24 02:04 | Jazz | Comments(0)  

ピットイン3daysに行ってきた!

先日の本田珠也さん3days@pit inn
その内二日間を聴きに行ってきた。

初めて聴くノイズミュージック。
凄いエネルギーに圧倒されたが、途中からとても気持ち良くなってしまった。
痺れた。。最高!

最終日。
日本のジャズ界トップ達の深淵。
全てが愛に溢れて、シビアに、様々な音が紡がれていく。

改めて本田珠也さんの人間力に惚れた。
音楽の素晴らしさを教えてもらった。

最高な2夜。
30周年おめでとうございます。

b0122712_2110827.jpg

普通の人なんてものはこの世にひとりもいない。
人にはそれぞれ事情があるということ。

様々な事情を抱えながらも「それでも生きている」

努力は誰に認められなくても価値がある。
他人に認めてもらうためにするのではなく、自身を磨き人生を充実させるため。

いつか、誰にも影響されることがない自由な人生を歩んでいける。
音楽もそうありたいと願う。

またいろんな事を教わった。
竹広さんのように、背中で、音で教えてくれた。

祭りの後のような寂しさが残る二日間。

ピース探しの旅。
まだまだ続く。
[PR]

# by arapf331 | 2015-08-09 21:24 | Jazz | Comments(0)  

あっぷあっぷ

毎日猛暑の東京です。
溶けてしまうかも。いや、溶けてしまいたい。
夏ですな。


先日の新宿ピットインでのライブ。
動画をアップしました。

荒武裕一朗トリオ 新宿Pit inn 2015.07.24(fri)
三嶋大輝b、今泉総之輔ds
『Blue rond A la Tark』
MCからも入っております。
音量大きめで、ヘッドフォンで聴かれることを推奨します!

http://youtu.be/83SyRdz4QlI
[PR]

# by arapf331 | 2015-07-30 16:04 | Jazz | Comments(0)  

ピットインを終えて

昨日のピットインにお越し頂き、ありがとうございました。
熱いお客様に感謝、感謝です。
いやぁ〜楽しかった!!!!

総之輔とは5年ぶりの共演。
グッと素晴らしくなって帰ってきました。
N.Yに一緒に行った珍道中やツアーの思い出。
色んな思い出話に花が咲き、笑いの絶えない楽屋。

ベースの三嶋も骨太なサポート。
ソロ内容も聴きごたえ充分でした。
これからが本当に楽しみな三嶋。
総之輔にも喝を入れられておりました。

実は三嶋がブラッドメルドーに似ている。
言われてみて、そう言われれば似ている。
まぁ、どうでも良いですが(笑)

アンコールも頂きました。
シンガポールからのお客様や岡山からも。
CDも売れました。
たくさんのお客様に感謝!
トリオとしては初顔合わせでしたが◎

セットリスト 2015.7.24 Pit inn
1.IDA Lupino
2.Ecravo da Alegria
3.I'll keep loving you
4.Sea Road

1.Dialogue in a day of Spring
2.Blue Rondo A la tark
3.Water under the bridge
4.夕焼け
en.Ain't tell you, way to but

1人背の高い三嶋。。
b0122712_16393033.jpg


ソロピアノ公演
是非お越し下さい。
8月4日(火) 目黒Blues Alley Japan
SOLO & DUO
荒武裕一朗(p) &三嶋大輝(b)

[PR]

# by arapf331 | 2015-07-25 16:47 | Jazz | Comments(0)  

夏本番

ダラダラしたり、ちょっと頑張ったり。
くだらない事で笑いあったり。

人間って良いなぁと思う。
仲間や友人と気兼ねなく語りあえる時間。
ほんの少しでも元気になれる。

それぞれ色んな悩みを抱えながらも
一緒に働いたり、演奏したり。
みんな人間らしさに溢れている。

人間って良いなぁ。
助け合って、お互いをカバーしあって生きる。
お互いを思い合って。

この世に生を受けた命。
これから産まれてくる新しい命。
みんな同じ人間。

ただそれだけで、美しい。
人間臭さも、喜びも、悲しみも、全て美しい。

1人の人間が音を奏でる。
そこにみんなが呼応する。
そして、その空間は呼吸を始める。

ただそれだけで良い。
僕のピアノはそんな人間臭さに溢れていたい。

b0122712_9501338.jpg
b0122712_9482756.jpg
b0122712_94755100.jpg
b0122712_947252.jpg


今夜もそんな想いでピアノに向かいます。
是非お越しください。

7月24日(金)
新宿ピットイン 夜の部
荒武裕一朗(p)トリオ
三嶋大輝(b) 今泉総之輔(ds)

[PR]

# by arapf331 | 2015-07-24 10:03 | Jazz | Comments(0)  

音楽の神様へ

夢が大きく膨らむ午前2時。
もうすでにこれは妄想としか言えない状態。
でも実現したい。
音楽の神様!!どうか僕に力を貸してください。

ツアーも終わり東京に戻ってきました。
これまでのモヤモヤしていた思いを改めて決意して、
自分を少しだけ褒めてやりたいことを実践できた。
スッキリ。笑顔になれるって大事。

これからも自分の信じる道を突き進む。
いつも感じる事だけど、音楽が本当の意味で音楽になるのは、
聞き手が何かを感じ取れた瞬間じゃないか、と。

情報が氾濫している現代。
これは今を生きる現代人にとっては避けては通れない。
降り積もる情報に、嬉々として埋もれ押し潰される。
情報を知識と勘違いしながら、幸せや豊かさと同じだと思ってしまう。
そう、そんな人達もいる。
b0122712_3471518.jpg

しかし、嫌いな人との付き合い方や嫌いな仕事との付き合い方。
「嫌なこと」を無理してでも好きになるための努力論が叫ばれている現代。
僕はこれは違ってると思う。

本当は『好きな人と過ごすこと』
『好きな仕事を追求すること』の方が圧倒的に重要でしょ。
好きなことをやるのに、自分を擦り減らす努力なんて要らない。

いよいよパズルが重なり始めた。
終焉と創造。
『Perfect Match』



今日の格言
『芸術は犬の縄張り争いではない』
[PR]

# by arapf331 | 2015-07-20 04:08 | Jazz | Comments(0)  

Memories with Mr.Poo in N.Y

先日、菊池雅章さんが亡くなった。
日本を代表するピアニスト。またレジェンドが1人いなくなってしまった。

ニューヨーク在住で、日本に帰国されるとライブに駆けつけた。
そんなプーさん(愛称)に初めてニューヨークでレッスンを受けた記録。
本田珠也さんの紹介でプーさんのレッスンを受けさせて頂きました。

今から9年前の2006年。
僕が32歳の時でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006年5月25日(水)
今日は昼ぐらいに起きて、早速買出しへ。
近くのDeliで惣菜たっぷりと買い込み、部屋で食事。
インターネットカフェを見つけて、そこから日本のみなさんにメッセージを書き込む。

一旦ホテルに戻り、歩の携帯からプーさんに電話。
「今日の午後に来なさい!」
とうとうプーさんからレッスンを受けられる!!
まず教えたりすることをしない方が時間を作ってくれたことに感謝。
そして、珠也さんの紹介が無かったら実現不可能だったろう・・。
覚悟を決めてチェルシーのW20 st 7aveにある自宅にお邪魔した。
 
部屋が広い!!
Garageタイプでスタインウェイピアノや様々なシンセ類が並べられた楽器室。
奥のリビングに通され、同居しているあきこさんに紅茶を頂いた。
初めてちゃんとお話させて頂き、緊張しながらもジャズ談義に花が咲いた。
b0122712_10501556.jpg

b0122712_10505638.jpg


プーさんが日本での活動からNYに移って約30年。
大変だったと思うが、この生活を見てやはり素晴らしいピアニストなんだと実感した。
ピアノを弾きながらタッチやフレーズのアクセントやスピード感のアドバイスを頂いた。
なぜプーさんの音があれだけ緊張感に満ちているのか、少しだけ分かった気がした。

8月に日本で発売になるG.Osby(as)とのデュオアルバムのラフミックスのCDRを
プレゼントしてくれた。あとプーさんのソロピアノ作品集も頂いてしまった。
研究するぞ~!
b0122712_10532695.jpg

あれだけのキャリアを持ちながらも、なんとも気さくな方でした。
プーさんが食事を作ってくれるというので、お言葉に甘えて買い物に出かけた。
有機野菜しか食べない、アボガドのソースが大好き、ビールはメキシコの黒、
とこだわり満載。
プーさんと話をしていると、付き合ってきた出てくるミュージシャンの名前が半端ない。Miles,Rollins,Motian,Henderson,などキリがないくらい。さすが!

とっぷり日も暮れて夜11時、プーさんとあきこさんに見送られて自宅を後にした。
最高な1日だったなぁ。


5月27日(金) NY5日目
夕方から、プーさんのレッスン予定だったので電話して、自宅に5時に到着。
今日はプーさん所有のスタインウェイピアノの鍵盤に錘が入っていると教えてくれた。
確かに鍵盤が重い。しかし象牙の鍵盤は弾きやすい。
1800年代の貴重なピアノらしい。お茶を飲みながら、ピアニスト談義に没頭した。
b0122712_1123673.jpg

b0122712_1131656.jpg
 
なんとも不思議な方。包み隠さず全て教えてくれる。愛に溢れている。
世界を舞台に活躍されていることを本当に心から嬉しく思う。

なんと!
P.motianトリオのリハが帰国する月曜にあることが決まってしまった~!
ベースはラリー・グレナディアに、フロントがクリス・ポッター。
豪華なメンバーに溜息が出ます。次回は必ずスケジュールチェックは必須だな。
「日本に帰る前にもう一度食事でもしよう」と、誘って頂いたので喜んでOKした。
 
 
その後は各々自由行動。
歩と二人で近くの「Smalls」へ徒歩で移動。
一度閉店を余儀なくされたSmallsだが、再開したと知って嬉しくなった。
b0122712_11104550.jpg

ホテルに戻り、色んな事(プライベートな事も含め)を歩と明け方まで話し合っていた。
空が明るくなり眠気に誘われ一気に眠りについた。


5月29日(日) NY最終日
さっき寝たのにもう起きていた。日本じゃ考えられない生活をしている。
シャワーを浴びてロビーに集合。今日はNY最終日。時間が進むのが本当に惜しい。

ホテルからプーさんに電話して5時にお邪魔する旨を伝え、最後の買い物に出かける。
この日の7th Aveは露天市みたいな感じで歩行者天国になっていた。
昼食は歩と久しぶりにそばを食べようということで立ち食いそば屋へ。
日本人がやっていると思いきや、スパニッシュ系の気前の良い人だった。
「日本語下手でゴメンね」なんて声をかけてくれる。
歩と一斉にお土産を買いに回る。一旦お土産をホテルに置いてプーさんの自宅へ。

チェルシーでケーキやサラダを買ってお邪魔する。
今日は1950年代に現代クラシックの前衛的なものを聴かせて頂いた。
もう入手困難なものはCD-Rに焼いて日本の自宅へ郵送してもらえることになった。
なんとやさしい方なんだろぉか!!!!
b0122712_11114326.jpg

プーサンとあきこさんに煎れてもらうお茶も今日が最後と思うと淋しくなる。
明日からのVillage VanguardでのP.motian(ds)とのライブのため、早々とおいとまする。
プーさんから発せられるオーラの凄さに驚いた。ほんとに66歳とは思えない。
10月の日本ツアーで会う約束をしてプーさん宅を後にする。

貴重な時間を本当にありがとうございました!!


軽い睡眠をとって、シャワーを浴びて帰り支度を始める。
10時半にツアリストがホテルロビーに迎えに来てくれて、一路JFK空港へ向かう。
出国審査を終えて早々と機内に乗り込んだ。離陸後は食事以外は歩も僕も爆睡状態。
あっという間に成田に到着。


リムジンバスの渋谷行きに乗り込んだ。
明日からまた日本で頑張ろう。
そしてまたNYへ行こう!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてのニューヨークで、しかもプーさんのレッスンを受けさせて頂いた。
たくさんの事を教えてくれて、心から感謝しております。

プーさんが逝ってしまった。享年75歳。
プーさん、安らかに眠ってくださいね。
本当にありがとうございました。

もう一度プーさんのピアノを生で聴きたかった。

[PR]

# by arapf331 | 2015-07-14 11:35 | Jazz | Comments(0)  

変化の時

『世の中は根気の前に、頭を下げる事を知っていますか?
花火の前には、一瞬の記憶しか与えてくれません』

これを思い出して調べたら、夏目漱石の言葉だった。
良い言葉だなぁ。

明治から百年。
世の中、ますます目先のことばかりに追われています。

しかし、大事なことはそうそう変わりませんよね。

だから、楽しそうに生きている人を見ると、見ているこちらまで幸せな気持ちになる。
誰かのためではなく、自分のために生きることが結果として誰かの力になることがある。

そして、人はそんな簡単には変われないからこそ、努力が必要であって。
努力って辛い時の方が長いよね。

自分は少しでも前を向いて変われたのかな。
b0122712_226351.jpg

[PR]

# by arapf331 | 2015-07-06 22:15 | 雑記 | Comments(0)  

梅雨の中休み

更新久しぶり。。
ようやく時間ができました。

先日演奏後の打ち上げでの1コマ。
名古屋で有名なお店で、矢沢永吉さんなんかがお忍びで来るらしい。
刺身盛と馬刺しです!あまりの美味しさに感動して撮影しました。
日本酒もお勧めが次々に運ばれてくるという、なんとも贅沢な打ち上げとなりました。
関係者の皆様本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます!

で、それを撮影する総之輔(ds)を撮影する僕。
音楽の話から果ては薬業界の話なんかで盛り上がり、名古屋の夜は更けていきました。
b0122712_17475479.jpg


ところで名古屋の「ベトコンラーメン」って何の略かご存知ですか?
答えはベストコンディション・ラーメンだそうです(笑)

おぃおぃ、誰のベストコンディションなんだろうか・・。
疑問は残りますがホントだそうです。
機会があれば一度食べてみてください。
僕らは食べに行かなかったので。
[PR]

# by arapf331 | 2015-06-25 17:52 | 雑記 | Comments(0)  

パズル探しの旅

過渡期。
これまでの演奏生活の中で何度か訪れたように思う。
大きく変わる時もあれば、気づかない内に変化したこともある。

昨年末から自分の中に訪れている小さな変化。
ミュージシャンとして社会への関わり方を真剣に考えていた時期もあった。
歩幅が合わないぎこちなさとの葛藤。

けど今では、結果に執着するから雑念が入る、と思えるようになった。
結果を気にせず、今持てるだけの力を発揮してこそ、なんだなと。

自分の魂をぶつける。
全身全霊を持って音楽に取り組む。
その瞬間、瞬間にこそ、自分の人生はあるのだ。


今日の新宿ピットインのステージ。
音楽で表現する喜びがふと蘇った瞬間があった。
自分の中でパーンと何かがはじけた。

先日の高田馬場ゲートワンでの演奏でも感じていたことだ。
終演後に大先輩のギタリストH氏に、演奏をものすごく褒めて頂いた。
その内なる変化が音に現れた瞬間だった。

両日とも強力なメンバーと共に音楽が出来た。
本田珠也さん、力武誠くん、小泉P克人ちゃん、三嶋大輝くん。
音楽を艶やかに、しなやかにサポートしてくれる有難いメンバーだ。
感謝、感謝!

けれど、時にはうまくいかないこともある。
でも、そうやって魅力と力強さって増えていくんだ。

You hit the wall here and there.
But that's probably when you build your strength and character.

パズル探しの旅。
まだまだ続きます。


実は厄年って厄が落ちる前兆の長い長い助走なんじゃないかな、と思える事が最近多い。
今年は大厄。更に助走が加速して行く予感。
なにはともあれ、走り続けるのだ。



おまけ。
由布島に渡る牛車にて。水牛の名前は元気くん。つぶらな瞳に何とも癒されます。
b0122712_1554348.jpg

[PR]

# by arapf331 | 2015-06-20 02:39 | Jazz | Comments(0)  

欧州滞在

初めてヨーロッパツアーに招聘されたのは5年前。メンバー日本人は僕1人。
Phaedra Kwantを始めとするヨーロッパメンバーと最高なツアーを経験した。
本当に刺激的な毎日だった。約1カ月のヨーロッパ滞在。

なんて、考えてたら昔の写真。
b0122712_235175.jpg

アムステルダムの街。いつの日か移住したい。。


やりがいや働きがいは、やってみてはじめて出てくる。
やりもしない、働きもしないで、そのような喜びが得られるか。

生きがいにしてもそう。
精一杯生きる努力をして、初めて生きる喜びを知る。

やるしかない!

[PR]

# by arapf331 | 2015-06-16 23:17 | 雑記 | Comments(0)  

次なるステップへ

先日の吉祥寺Sometimeの終演後の一枚。
様々な想いが溢れたツアー最終日でした。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました!

本田珠也さん
『いつも大きな大きな愛をありがとうございます。
僕は珠也さんとの演奏で前を向き続ける事が出来ています』

石川隆一くん
『次なるステップへ自信を持って突き進め!
君の選んだ道を今後も全力で応援してるぜ』

最高なメンバーに心から感謝してます。トリオはまた新たな形で動き始めます!
b0122712_2092057.jpg


嘘でも「誰かひとりでも待っていてくれる人がいるはずだ」と信じること。
諦めかけている自分を再び奮い立たせるエネルギーになる。

「自分には無理だ」「仕方がない」「縁がなかった」と諦めるにはまだ早すぎる。
人生にはそんなことがたくさんあるのかもしれない。
しかし、大切なのは『信じる』こと。





おまけ。
チコ本田さんと本田竹広さん(Tシャツ)と僕。
b0122712_20125058.jpg

幸せな時間。
ピース探しの旅はまだまだ続きます。
[PR]

# by arapf331 | 2015-06-02 20:19 | Jazz | Comments(0)  

体力トレーニング

昨日から始めた身体調整。
体力トレーニング。

40歳になって、体力が低下したなぁ。
疲れやすくなってきたように思う。
お客様に「腹が出てる。。」と言われ、
椎間板ヘルニアの再発防止のため運動せねば。

これではイカン!!
と、思い立ちトレーニング。
1人では自信がないので(笑)、
心強いパーソナルトレーナーの田中くんにお願いしました。

田中くんは何度かライブにも来てくれている。
格闘技選手を目指しながら、身体調整の仕事をしている。
いわば身体メンテナンスのプロフェッショナル。

柔軟から徐々に負荷の高いトレーニングへ。
まずは身体を慣らす為に軽めに。
しかし、久しぶりに運動する自分には精一杯。

60分弱のトレーニングを終えたら、田中くんのストレッチを受ける。
これが最高に気持ち良い!
乳酸が溜まった筋肉がほぐれていく。

やはり、プロフェッショナルの技術は凄い。
これは病みつきになる(笑)

トレーニング後は田中くんとご飯へ。
若者ぶって頼んだスタ丼。運動後の快食でした。
b0122712_15491490.jpg


体力増強。
元気な身体をキープしたい。
これからも頑張ります。

ライブで身体が良くなってきたら
こっそり褒めてやってください(笑)!
[PR]

# by arapf331 | 2015-05-29 16:01 | 雑記 | Comments(0)  

Amazing Night with CHAKA

昨日の横浜・上町63にお越し頂きありがとうございました。
たくさんのお客様で楽しかったなぁ。
マスターの佐々木さんの変わらず毒舌と愛情の嵐(笑)

CHAKA(vo)さんとデュオ。
ご一緒させて頂くようになって2年くらいかな。
毎回素晴らしい歌に鳥肌だらけ。

このブログではライブ後記はしないつもりでしたが、
本当に素晴らしい一夜になったので書きます。

かゆい所に手が届く歌。
って言ったら失礼かも知れませんが。
気持ち良い。ジャズだなぁ。

歌の上手い人は数多けれど、
残念ながら、ジャズを感じる人は少ない。
確かに上手いんですけどね(俺が言うこっちゃない)

CHAKAさんはジャズを感じる数少ないボーカリスト。
歌のフィールも、その空間に醸し出される香りも、ジャズ。

シビアだけど温かい。
大きなうねりの中でグルーブがヒタヒタと続く。

初めて演奏した『Till There was you』
佳曲。
気づきや学びの連続。
幸せだ。

終演後に一枚。格闘技好きのチャカさんとファイティングポーズ!
b0122712_99778.jpg


そして、関西からK氏の突然の来店。
嬉しかった〜!久しぶりにゆっくりお話出来ました。


さて、今夜は大塚音楽祭。
こちらも素晴らしい平賀マリカ(vo)さんとベースは山下弘治さん。
『マンデルシー二』やっちゃいます!
[PR]

# by arapf331 | 2015-05-24 09:33 | Jazz | Comments(0)  

心の向かうままに

懐かしい昔話を少しだけ。

某ジャズクラブでバイトを始めたのは大学3年生。
毎夜トップクラスのミュージシャンの演奏を聴きながら
「自分もいつかあぁいう風に弾けるようになるぞ!」
と出演中の先輩を捕まえては質問攻め(笑)
みなさん気さくに色々とご教授頂いた。

そんな中、一言も口をきいてくれなかったミュージシャンがいる。
そう、ピアニスト本田竹広さんだった。

レコードでしか知らなかった本田さんのプレイを生で聴き呆然とした。
日本にこんなピアノを弾く人がいたんだ!と。

それから本田さんが出演する日は社長に懇願し、
バイトを休ませてもらい一番前のかぶりつき席で本田さんの演奏を全身で浴びるように貪った。


そんなことを毎月繰り返していたある日、
「お前、いつも聴きにきてるな!」と声をかけられた。僕「はい・・。」
するとドラムの本田珠也さんが後ろから「親父のこと大好きなんだよなぁ」
と笑いながら話し掛けてくれた。

その日以後、本田さんとたくさんお話をさせてもらえるようになった。
心から嬉しかったなぁ。

しかし、その数ヵ月後、本田さんが脳溢血で倒れた。
珠也さんから電話があり、「親父の面倒を見てやって欲しい。」

二つ返事で本田さんの入院する病院へ。
昼間は車椅子を押しリハビリを手伝う。左半身が動かない・・。
ピアニストにとって致命的とも言える病状を目の当たりにした。
「絶対に復活してください!僕にできることは遠慮なく言って下さい」と伝えた。

あれから3年!
吉祥寺SOMETIMEで見事に本田さんは復活した。
この続きはまた書きます。
b0122712_13553982.jpg

先日、ユニバーサルミュージック役員のT氏がふらりとライブに来てくれた。
久しぶりで終演後も一緒にお酒を飲ませて頂いた。
何を隠そう彼は本田さんの大ファンである。

40年も昔の渡辺貞夫さんのFM東京「My dear life」の音源を頂いた。
その数ざっと40本!!
来日中のミュージシャンとのセッション音源も多くあり驚くばかり。
当時貞夫さんバンドの右腕として不動の地位にいた本田さんも参加している。

「僕の宝を君に預ける。責任持って活用してくれ!」
「えっ僕が頂けるんですか?!本当にありがとうございます!!!」

責任の重さを痛感しつつ、嬉しさで一杯だった。
Tさん、貴重な音源をありがとうございました。

すぐに珠也さんに相談し、劣化しないようCD-Rに編集することにした。
膨大な時間がかかるがやってみます。

今やこれを持ってる人はまずいないでしょ。
欲しい人はライブの時にでもこっそり耳打ちして下さい(笑)

そして、僕の最新アルバムです。
是非ダウンロードしてください!
b0122712_1461769.jpg

[PR]

# by arapf331 | 2015-05-19 14:09 | Jazz | Comments(0)  

てげてげ

平賀マリカさんの九州ツアーも後半戦。
あと2公演を残すのみとなりました。
鹿児島、宮崎の皆さん!素晴らしいので絶対聴きに来てね。
昨日の博多New comboも非常に盛り上がりました。

終演後はオーナー有田さんが『もつ鍋』をご馳走してくれました。
なんと、博多の重鎮Mr.Yamoriさんも登場!
嬉しかったなぁ。いやぁ、よく笑った。
b0122712_10154537.jpg

b0122712_1016845.jpg


これからの自分にとって一生付き合っていくだろう人たちとの出会い。
親・兄弟は言うまでも無く、人生の転機となるような人たちとの出会い。

久しぶりに再会した方々にも、初めてお会いできた方々にも
自分のことを遠くで影ながら見守ってくれていた方々にも本当に感謝してもしきれない。
たくさんの想いや情熱を感じています。

そんな中、自分の言いたいことを表現できる自分でいることは、情熱以外の何物でもないし、その情熱を全身で受け止めてくれる人たちがいることもまた大きな力になっているのも事実。

この世界に入ってからの自分はどうだったのか?
なんて反芻してみたりするけれど、その答えは未だ分からない。
しかし、これからも全てのものに感謝し、その想いを日々かみ締めながら生きていく中で
見つかっていくものだと思う。

この世に生を受けて1年を迎えた小さな命に恥じない自分でありたいと願い、
色んな人たちの愛情に支えられて生きてきた大きな力に、縁の不可思議さを感じる。

遠い地で頑張っている仲間に最大エールを贈り、萎縮することなく今自分のある場所に
しっかりと立って生きていくことに全力を傾けられる自分であること。

そこには魂の昂ぶりやぶつかり合いを通して自分を素直に表現した喜びが詰まっている

自由に自分の生きる道を感じたり、思い描いているうちはそんなに感じなかったんです。
その違和感を。その後コンプレックスの嵐に苛まされるとは思ってもみなかったし。
ただやりたいことと、現実の環境に上手くなじめない自分がいました。

自分って何?
 
この表現好きなんだけど、どうしたら表現できるようになる?
かゆいところに手が届かないのは何故??
真摯に音に向かい合えば向かい合うほど音楽が見えてこない。
あの人の、あの研ぎ澄まされた感覚を少しでも捉えたい。

やっぱりすべて自分に正直に生きていきたい。感謝することを忘れずに。 
そこから掴んだものは自分のかけがえのない財産になってきている気がします。

これまでも、そしてこれからもピアノに向かって日常生活の煩わしさや葛藤や悩みが全部バカらしく思えるくらい突き抜けたい。人によって痛みの感じ方は違う。
だけど、そんな想いを大笑いしながら吹き飛ばせば良いんだ。

優しい言葉や気持ちよりもちゃんとまた自分で前を向けるように、と相手を想う。
最後は自分だから。と教えてくれる。
それがその人を想う本当の優しさなのかも知れません。

自分もいつかそんな人間になれたらなぁと思います。


さて、博多から鹿児島へ向かいます。
南九州。
最高なエンディングへ向かいましょう!
[PR]

# by arapf331 | 2015-05-08 10:27 | Jazz | Comments(0)  

豪華客船に乗って

今日は午前中に韓国釜山から長崎対馬列島に到着です。
対馬列島に初めて来ました。ル・オーストラル号!
島ではフランスの豪華客船が来て盛り上がっております。

今日昼間はたっぷりとリハーサル。
夜の公演に向けて、バンドも良い感じでございます。
平賀マリカさんの新譜『マンデルシーニ』をバンド用にリアレンジ。

船内での通貨はユーロ。
さすがフランス籍の豪華客船。
スタッフとは英語でのやり取りで異国感満載です。

明日から九州上陸します。
素晴らしいメンバーと音楽と寝食を共にしながら頑張ります!
各地の皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。
詳細はスケジュールをご覧ください。


音楽を聴くとか、本を読むとか、自然に触れるとか、
料理をするとか、人と話すとか、身体を動かすとか、
普通の生活の中にもシンプルな喜びはたくさんある。

新しい何かを求めるよりも、こうしたものを味わえなくなるほどの『余計なノイズ』
を取り払っていく方が、ずっと大切なんだろうなと思いました。


あと、携帯電話は明日から繋がります。
ご連絡頂いている方々にはご迷惑をおかけしてます。
申し訳ありません。
b0122712_16385216.jpg

[PR]

# by arapf331 | 2015-05-03 16:39 | Jazz | Comments(0)  

韓国は釜山へ

b0122712_1745559.jpg

韓国釜山にて散策中。
トッポギをお土産に購入。

この後はメンバーの皆さんと焼肉へ。
夜には船に戻って、日本の対馬列島へ向けて出発。

今夜は演奏はお休みです。
釜山は高校生の時以来。
大都会に変身してました。
[PR]

# by arapf331 | 2015-05-02 17:44 | Comments(0)  

かく語りき

音楽出来る喜び。
最近は殊に実感する機会が多い。
そして、時間とお金をかけて聴きに来てくれる方々に感謝している。

ピアノから何かを感じてもらえたら嬉しいです。

人間はその時、その瞬間に、分相応な環境に置かれる。
それが望むことであれ、望まないことであれ。
その置かれた環境でベストを尽くす。
ただそれだけだ。

しかし、僕も人間だし、嫌いな人種はいる。
引用しかしない話の薄っぺらさ、知識を身に纏って強くなった気になる弱さ、
自分にとって有益な人間を選びとろうとする浅はかさ、誰しも生き抜いてきた人生があることを知らない無知さ、それらを認められない無能さ。

こういう匂いを漂わせた人間に出会うと吐き気がする。
言葉を交わす気にもなれない。

僕は音楽というものを通して、人間が当面している様々な状況の中で、
「ちょっと待ってください。一緒に考えましょう」と言い続けている。
だから、僕の音楽は必ずしも楽しいだけのものではない。

また、優しさと馴れ合いはまったくの別物。
みんなと仲良くしなければとか、空気を盛り上げなければとか、
楽しまなければいけないとかいう気持ちから発揮される優しさは、
単純に自分が嫌われたくないだけなんだろう。

だから、「人に期待すること」を皆が少しずつやめていったら、
世の中からマイナスの感情がずいぶん減るんじゃないかと思ってます。

そして、嫌いな事や、嫌いな人。
それらを振り返ると、
自分の人生をより良く導いてくれる案内役であったような気がします。

もっともっと高みへ。
パズル探しは続きます。



そんな時は↓の映像が元気を与えてくれる。
最高です
是非ご覧あれ。
[PR]

# by arapf331 | 2015-04-24 14:10 | 雑記 | Comments(0)  

SOLO PIANO

『Constellations』2015年4月21日配信スタート
荒武裕一朗ソロピアノ。自身初となるハイレゾ作品集。録音エンジニアは中村氏。
配信元はSound Point


【収録曲】
1.IDa Lupino(C.Bley)
2.Falando de Amor(A.C.Jobim)
3.Golden Earrings
4.Let it be me
5.Water under the Bridge(T.Honda)
6.Movie Star(Y.Aratake)
7.It could happen to you
8.You don't know what love is
9.Be my love
10.And say it goes(B.Joel)
11. Small Sky(T.Toru)
(Recording at Sagamiko Hall on 7th Mar,2015)


ダウンロード販売になります。1曲150円です。
お支払いはクレジットカード、Pay pal決済をご利用頂けます。
ダウンロード方法はサウンドポイントのホームページでご確認ください。
[PR]

# by arapf331 | 2015-04-24 13:04 | Jazz | Comments(0)  

Constellations

4月になってもなかなか暖かくならない東京。
早く暖かくなって欲しいなぁ。

とうとう発売決定!
お待たせ致しました。

『Constellations』2015年4月21日配信スタート
荒武裕一朗ソロピアノ。通算6枚目。
自身初となるハイレゾ作品集。録音エンジニアは中村氏。
配信元はSound Point 《http://sound-point.biz

【収録曲】
1.IDa Lupino(C.Bley)
2.Falando de Amor(A.C.Jobim)
3.Golden Earrings
4.Let it be me
5.Water under the Bridge(T.Honda)
6.Movie Star(Y.Aratake)
7.It could happen to you
8.You don't know what love is
9.Be my love
10.And say it goes(B.Joel)
(Recording at Sagamiko Hall on 7th Mar,2015)

ダウンロード販売になります。1曲150円です。
お支払いはクレジットカード、Pay pal決済をご利用頂けます。
ダウンロード方法はサウンドポイントのホームページでご確認ください。
b0122712_11542429.jpg

[PR]

# by arapf331 | 2015-04-15 11:59 | Jazz | Comments(0)