<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

確信

本日無事に帰国しました。
色んな想いを胸に日本の地に戻ってきました。
どんな環境でも人は変わっていける。

先日の吉祥寺サムタイム。
満席のお客様でした。お越し頂いた皆様ありがとうございました。

メンバーは三嶋大輝b、本田珠也ds。
最高なメンバーに心から感謝しています。
熱く熱くお送りしました。

アイデア豊富なスーパードラマー珠也さん。
日本を代表する素晴らしいドラマー。
かゆい所に手が届くとはまさにこのこと、かな。
本当に幸せな時間。トリオへの想いをもっともっと昇華していきたい。

今年3月からトリオに加入した三嶋大輝。
若いながらも、必死に食らいつく姿勢で音楽を奏でる。
僕にとって今年大輝と出会えたことが幸せだ。
まだまだ足りないこともあるけれど、それを凌駕するジャズへの想い。
大輝との演奏がさらに羽ばたいていけるように、僕も精進します。

努力の結果は右上がりの坂のように現れるわけではない。
ずっと平坦なままで、ある日、急に上昇する。
結果が目に見えず、努力しても平坦な日々が続くと嫌になって辞めてしまう人が多い。
それを乗り超えるのは経験と確信。
このトリオは今の僕の集大成になると確信している。
b0122712_23244488.jpg

偉くなってから、偉そうに発信するんじゃない。
がんばってる「いま、ここ。」がいちばん伝わるし、説得力があると思う。

5年後に生きてるかなんてわからない。
明日生きてる保証はない。
いま発信したいと思ってブログやってるわけです。

先週、海外に滞在している間、
ずっと考えを巡らし、メモを取り、自分を掘り下げる作業を続けてました。

このトリオへの想い。
あの涙に恥じない自分でありたい。
その為の時間、大切に育てていこう。

皆様これからもよろしくお願いします。
また日本で頑張ります。
[PR]

by arapf331 | 2015-09-28 23:46 | Jazz | Comments(0)  

トップシークレットなるか

女「ねぇ、いつになったら奥さんと別れてくれるの?」
男「あぁ、うん・・・・」
b0122712_2237388.jpg

女「私、いつまで待てばいいの?」
男「・・・・・」
b0122712_22383133.jpg

そんな男女の会話が聞こえてきそうな写真。
これは松崎加代子voさんと宮崎De Jillでのライブ後の一場面。
『綺麗なオッさん』こと松崎さんと焼酎飲みながら、真面目な音楽話をしてました。

くだらなくて本当に申し訳ありません。
来月は大輝とデュオツアーで九州行きます。
もちろん松崎さんとも宮崎De Jillにて共演させて頂きます!
詳細はホームページのスケジュールをご覧ください。
大好きなお店De Jill。皆さんに会えるのを楽しみにしてます。

鹿児島も行きますよ。チラシはこちら↓
b0122712_22483953.jpg

鹿児島では西田千穂voさんをゲストにお迎えします。
昨年の西田さんのレコーディングで共演して以来です。
鹿児島市の明日の地図に出演します。お楽しみに!


最近殊に思うことですが、「面白いものを探す」んじゃなくて、
目の前にあるものを「面白く見る」
この意識があるかどうかで、出てくるアイディアも人と違ってくるなぁ、と感じてます。

『インプットの質がアウトプットの質を変える』

音楽においては、その意識があるのと無いのとでは随分とアイデアが変わる。
やはり普段からインプットの質にこだわりを持って、何事にも取り組まないといけない。


孤独を身につけた人は、誇り高いのだ。
知を以って情を引き出し、意となれ。
旅はまだまだ続く。
[PR]

by arapf331 | 2015-09-18 23:03 | Jazz | Comments(0)  

Make you feel my love

幸せでいつづけるには
小さいながらも、変化成長し続ける事が必要だと思う。
毎日の積み重ねが大きな変化を生む。

ジャンル関係なく演奏したい曲に出会う。
曲との出会いにも喜びを感じる。
当然、人との出会いにも大きな喜びがある。

今までたくさんの方々に支えられて生きてきた。
僕と出会ってくれた皆様に心から感謝しています。
先の事なんて分からないけれど、今は感謝の気持ちでいっぱい。

「自分の心は自分でつくる」っていう心構えを
何度も言葉にしておく必要があると思う。
まわりで何が起こっても「心の明るさ」をつくるのは自分なんだ、と。

『Make You Feel My Love』
これはボブディラン作曲。ディランらしい、シンプルな曲作り。
アデルが歌って大ヒットした。
http://youtu.be/b3YW3vSIuMA


"I could make you happy, make your dreams come true
Nothing that I wouldn't do
Go to the ends of the earth for you
To make you feel my love"

幸せをあげよう 夢を叶えてあげよう
できないことなど何もない
君のためなら地球の果てまで行こう
僕の愛を感じられるように

色んな人がカバーしてますが、僕はこのMatt Doyleが歌うのが好きだなぁ。
忙しい合間にふと聴きたくなる。
こんなに深い愛。僕にはまだ無理かも知れない。
だけど、辛い人や、悲しみに暮れる人がいれば、
この歌のように元気づけてあげたい。


そして、昨日のBlues Alley Japan公演。
お越し頂いた皆様ありがとうございました。
二台の鍵盤はやはり奥が深い。
色んなハプニングがありつつも、楽しく演奏できました。

終演後に記念撮影。この日は大輝の強気な一面が見れました。
この後、先輩としてちゃんと奴をブッ飛ばしておきました(笑)ご安心ください。
まぁ、冗談で撮影したつもりでしたが、大輝はまんざらでもないかも(笑)
b0122712_20134470.jpg


明日は大輝とガチンコデュオ!
9月18日(金)新宿ピットイン昼の部
荒武裕一朗(p)&三嶋大輝(b)デュオ
14:30〜 ¥1,300(1drink付)

[PR]

by arapf331 | 2015-09-17 20:27 | Jazz | Comments(0)  

人の温かさに触れた

今年になって初めての東北ツアー。
各地とも大盛況に終わりました。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
そして関係者の皆様、お世話になりました!

平賀マリカvoさんの人気はやはり凄い。
熱烈なお客様達や関係者に歓迎されて、とても楽しかった。
b0122712_2221336.jpg


今回マリカさんと初共演のベース三嶋大輝。
新譜『マンデルシーニ』からの選曲でした。
マリカさんとの共演でまた一つ成長できたんじゃないかなぁ。
貴重な経験だったと思います。

そして、東北人の温かさに触れた今回のツアー。
美味しいものもたくさん頂き、温泉も最高でした。
マリカさんとも、たくさん音楽の話ができた。
感謝、感謝です。

今年に入ってトリオもお願いしている三嶋。
強いメンタルと誠実で温厚な性格。
大鰐での終演後には、温泉に浸かりながら二人で音楽談義。
その後も部屋に戻ってたくさん音楽や人生の話が出来た。

これまでの人生に何があったとしても、
今後の人生をどう生きるかについては何の影響もない。
だから、深く深く考えて行って欲しい。
小さな積み重ねが大きな信頼となっていく。

大輝のこれまでの想いもしっかりと受け止め、
熱い想いで伝えてくれた大輝のその想いが嬉しかった。
お互いとても有意義な話ができた。良い一夜。

自分の人生を決めるのは、「いま、ここ」にいる自分。
大切なのは、過去でも未来でもなく「いまの自分」だ。


【おまけ】
初ツアーの大輝と弘前城を観光。
b0122712_22162724.jpg


ねぷた村にも行きました。
b0122712_22173286.jpg


津軽三味線に挑戦中。
b0122712_22181349.jpg



当然、一人前になれば高い要求がやってくる。
全力で越えていこう。

9月16日(水)目黒Blues Alley Japan
『Two Piano Night !!!』
荒武裕一朗(p)野口拓(p)三嶋大輝(b)
開演19:30 ¥3,000

[PR]

by arapf331 | 2015-09-14 22:44 | Jazz | Comments(0)  

フォーカスすれば

最近は英語を話す機会が増えた。
先日、東京駅から京都に向かう人達と話をした。
フランスからの観光客。

英語の習得はかなりのやる気が必要。
時制なんかはまだまだブロークン。
最近は単語帳に文章や熟語を書いて、移動中に勉強してます。


5年前に初めてヨーロッパツアーに行った時のこと。
約1カ月のヨーロッパ滞在。メンバーで日本人は僕だけ。
ドイツ人、オランダ人、フランス人というメンバー。

そんなメンバーだから当然毎日が英語。
リハーサルも英語。飲みに行っても英語。
全てが英語尽くしの毎日。

そんなある日、演奏後にホテルに戻ってシャワーを浴びている時、
床に石鹸を落とした時の咄嗟に口をついて出た言葉が、


『Oh my god !!』


我ながら風呂場で大爆笑。。。(笑)
やはり人間って環境が大事なんだと感心してしまった。
b0122712_2135447.jpg


だから、自分がフォーカスしているものが、そのまま自分の人生になっていく。
音楽も英語も人間関係も。
見たくないものは遠慮せずチャンネルを変えよう。

自分はどこに周波数を合わせるのか?
見たいものを見て、聞きたいものを聞いて、一緒にいたい人といる。

自分の歩きたい道を歩けばいいだけだ。


僕は自分の人生のど真ん中にいる(昨夜の高田馬場ゲートワンは宮崎県人率高かった)
b0122712_21193053.jpg

[PR]

by arapf331 | 2015-09-09 21:26 | 英語 | Comments(0)  

言葉

デュオ。
奥が深いなぁ。

ほんごさとこvoさんとデュオでした。
リズムの深いところまで神経が行き届いている。
凄いキャリアの方だけど、気さくに接してくれる。

同じ九州生まれで酒が好き。
今夜も音楽の話で盛り上がった。

音色と声。
ピアノの一音の良さを褒めて頂いた。

終演後
さとこさん『何を考えて弾いてたの?』

僕『この曲難しいなぁとか(笑)』

さとこさん『なんであんな音が出るの?』

僕『自分では分かりません』

さとこさん『本田竹広さんの音だね』

僕『間違いなく、それは言い過ぎです』

さとこさん『飲もうか』

僕『飲みましょう』

さとこさんの歌には大きな愛がいっぱい詰まってます。
一緒に音を出せることがとても嬉しいアーティスト。

b0122712_1461661.jpg

最近、言葉を雑に扱う人が増えたなぁと感じています。
それは自分を雑に扱うことと同義だと思ってます。

自分自身を雑に扱いながらも
「他人から丁寧に扱われたい」と願う矛盾が雑音になり、その空間を荒らす。
自分が雑な言葉を使いながらも、他人からは丁寧に扱われたいと思っている矛盾。

いつも丁寧な言葉を使いましょう。
それだけで気分が良いから。
音も一緒。細部まで根気よく気を使えば、自分が変わる。

神は細部に宿る
[PR]

by arapf331 | 2015-09-04 01:49 | Jazz | Comments(0)  

ひっかかり

幼少から鍵盤を触りだした。
あの頃から38年。

色んな音楽に包まれて生きてきた。
とても幸せな時間だった。
そんな環境を作ってくれた両親に感謝。

中学時代。
部活が忙しくなり、ピアノを辞めたいと言った僕に父は、
『お前はピアノを弾いてストレスを発散している。
だから、ピアノを続けなさい』と言ってくれた。

発表会にもコンクールにも来てくれなかったけど、
ちゃんと聴いてくれていた。ありがとう。



もう一度、音楽に向かえ。
全身全霊でピアノに向かえ。
他人が気になっているうちはまだまだダメだ。

事情なんか、みんな抱えてる。
嘘なんかつくな。

頑張っているみんなに。
遠くで見守ってくれている人達に届くように。
こんなんじゃ、きっと届かない。


『ひっかかり』
音楽も人間も『ひっかかり』
僕の中のこの『ひっかかり』を素直に音に出来たら。

時間は問答無用に過ぎていく。
今、やっとスタートライン。
貪欲に行け。
b0122712_258741.jpg


叫ぼう。
必ず明日が来るとは限らない。
[PR]

by arapf331 | 2015-09-03 03:14 | Jazz | Comments(0)  

Man in the mirror

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by arapf331 | 2015-09-01 22:24 | Jazz