「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

グルジェフとジャズ

昨日は久しぶりのメンバーでの新宿Pit innでした。
来て頂いた方々、本当にありがとうございました。

メンバーは安東昇(b)と力武誠(ds)。
僕のデビューアルバム「I dig it!」のレコーディングメンバー。
もう7年前にこのトリオで僕の第一歩を歩き始めました。
2002年4月25日に発売になってますね(笑)

その当時の僕のコメント。
「このトリオは僕自身の全てであります。 が、次なるステップへと踏み出そうとしています。
今回初リーダーアルバムということで、 レコーディングでは手探りながらも、
何の気負いもなく素直に自分自身との対話を深く掘り下げること」が出来たように思います。 
そこには様々な方々の協力やアドバイスがあったからこそであり、
お客さん・スタッフの方々、それからメンバーには感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです。
そして、この作品は僕の音楽人生の中で、決して忘れることのない「第一歩」です。
この気持ちはみなさんからもらったものなので、大事に大事にしていきたいと思います。 
初心に立ち返り、これからもたった12音のパズルの謎を追いかけて行きたいと思います。」



夢と希望に満ち溢れたコメントですね(笑)
26歳の自分が懐かしい。

で、昨日のライブの内容はというと・・・











最高~~~!!!!!!!!!!!!でした

自分で言うのもなんですが(笑)
いやぁ、近年まれに見る好内容でした。
聞き逃した方々、このトリオちょっと凄かった!

終演後にPit innの方々にも「今日トリオどうしたの!?」と言われるくらい。
ん~ジャズでした。
しかも、あの安東が控え室に戻ってきてから「今日楽しい・・」と呟いておりました(笑)。

これに満足せず、更に上を目指していこうと思います。
7年ぶりのトリオ。
僕は幸せもんです、はい。


セットリスト(2009.1.27)
1st
1.Four
2.All Blues
3.I fall in love too easily
4.Straight,no chaser

2nd
1.Someday my prince will come
2.Black orphe
3.Lulu's back in town
4.Everything happens to me


この日は自分のオリジナルを一切排除しての選曲でした。
ちょっとやりたいことありまして(笑)
それは今年のお楽しみに。



最近読んでる本ではまったものを少しだけ。
著者はロシアの思想家グルジェフ。
知っている人はいますかね?かなりマニアックです(笑)

しかし、素晴らしい影響を与えてくれてます。
かなり衝撃的な出会い。
僕の好きな作曲家・武満徹、ドビッシー、メシアン、バルトークなんかも注訳で登場してます。

その中から、抜粋なんで前後の解釈は長いので割愛します。
ミニマリズムとかの話の流れからなんですが、


・・・我々は、学ぶとき、自分の思考に従って聞くから新しい思考を聞くことができない
  新しい方法で聞き、学ぶことによってのみ・・・

とか

・・・理解(understanding)というのは、意図的に学んだ情報の全体と、個人的な経験に
  よって得られる。それに対して知識(knowledge)とは、言葉を機械的に特定の順序で
  暗記することにすぎない。
  (中略)存在に通ずるのは理解のみで、知識は存在の中の束の間のありようにすぎない。
  知識は古くなれば新しい知識にとって替わられる・・・

はぁ?って感じですよね(笑)すいません。
気にしないでください。

でも深いんです。読み進めていくうちに今までの霧がぱぁーと晴れていきました。
今年この本に出合えたのは大収穫でした。音楽と深い関係をもつ著書もあるグルジェフ。
気になった方は探してみてください。

今のところはタイトルは内緒にしておきます(笑)


明日29日は立川Jessie James。31日は高田馬場Gate one。
共にトリオでお送りします。お楽しみに!
[PR]

by arapf331 | 2009-01-29 01:05 | Jazz | Comments(2)  

フィリピン・ツアー

今日は六本木AlfieにてJay(vo)のBirthday Liveです。
Jayとはもう10年くらいの付き合いになるでしょうか。

Jay&da soul breezeってバンドで一緒になったのが最初でした。
その当時はNYから帰国したJinoこと日野賢二(b)さんや平岡雄一郎(g)さんと
一緒にノリノリなソウルナンバーを演奏していました。
もちろん僕はキーボードで参戦してました。

フィリピン・セブ島出身のJayのチャリティーコンサートにも参加し
セブやネグロス島なんかに行ってコンサートやりました。
宿泊はセブ市長さんの家(笑)
毎日豚の丸焼きが夕食には出てもてなしてもらいました。

この時に大好きだったチャリート(vo)さんとも毎日共演できたし
総勢20名近いメンバー達と一緒に恵まれない子供たちへの野外コンサート・ツアー。
1ヶ所だけジャズクラブにも行きました。
本当に楽しかった。
昼間は子供たちに折り紙を教えたり、一緒に校庭で遊んだり。
子供たちの笑顔にたくさん会えたのが一番嬉しかった。

地元の高校生のダンスチームとも共演してみんなにタガログ語を教えてもらったり
みんな人懐っくて良い奴ばかり。
ダンスが大好きで仕方ないといった感じで、いつもダンスを教えてもらってました(笑)。
本当に充実したツアーになりました。


写真は高校生ダンスチームと一緒に。ネグロス島へ移動する船の甲板で。(2005年5月)b0122712_15272576.jpg













コンサート最終日には終演後ステージに呼ばれてセブ市長さんから感謝状を授与された。
日本でのコンサートの収益金と子供たちへの文房具のプレゼントなどを
いろんな地域の恵まれない子供たちに手渡しに行きました。

そんな貴重な経験をさせてくれたJayに心から感謝しています。
今日のライブはそんなことを思い出しながら演奏しようと思います。
Jayの誕生日ライブ、頑張ります!
[PR]

by arapf331 | 2009-01-21 15:42 | Jazz | Comments(0)  

モラトリアム

「モラトリアム」
経済学の『支払猶予期間』を語源とし若者が大人になる期間を猶予している状態を
表しているのだそうです。
なぜこんな言葉を書いてるのかは想像にお任せして(笑)

一般的には青年期に自分の進路を決定するにあたって、
なかなか結論が出せないまま特に目的もなく過ごしてしまうある期間のことを指しています。

僕が今そういう状態というわけではありません。
ちゃんと目的もありますし、歳もそんな若くないし・・(笑)。

これはエリクソンという人が言ったのですが、
彼はこうした期間を「心理・社会的な猶予期間」として認め、
より自分らしい人生を選ぶために必要な時間として前向きに考えました。

例えば、大学の4年間やその後に「フリーター」という生活をしていたとしても、
自分が本当にやりたいことを見つけたり、自分らしさを確立するためには人生に必要な時間であって、自分の可能性のためにいろんなことにチャレンジし、失敗し、迷うことが
当たり前だと考えているわけです。

現代のように社会が多様化しどんな社会的階層の人にも様々なチャンスがある時代において
こうした「猶予期間」が持つ意味はとても重要だと思います。

卒業後一度会社に勤めてもまた退職して何かの資格を取ってみたりと、
本当にいろいろな可能性が増えているわけで、
この「猶予期間」もどんどん延長されている現状ではないかなと思います。
しかし、それが許され続ける環境というものには問題があると思いますが。

3月にはたくさんの高校生が卒業式を迎えます。
その先の進路に夢や希望や不安を抱えながら巣立っていきます。

「好きなこと、やりたいことをみつけなさい!」
僕が両親に言われ続けたことでした。
こうやって育ててくれた両親にはとても感謝しています。
僕以上に不安であったろうことも容易に想像できます。

もちろんこの世界に足を踏み入れるのに僕自身不安が無かったわけではなく
期待や夢のほうが大きかったけど、僕の周りには素晴らしい先輩方と友人達がいてくれました。
だから、辛いことがあっても乗り越えてこれました。

そんなときにこの曲を聴くと自然と前を向ける自分がいました。
世の中にはたくさんの人が自分の想いに、忠実に真摯に向き合っている。
そんなスタートラインに立った若者たちへのメッセージソング。
ピアノの弾き語りバージョンは貴重ですね。

槇原敬之「どんなときも」




Simply, to accomplish in one's mission then it is a great thing.
No matter what other people say so, please find something can
proud of yourself by doing that.


本音はちょっと恥ずかしいので(笑)
英語で書いてみました。

どんな苦境のなかでもあるがままの自分をみつけていきたい。
その先にある真実はきっと自分を幸せにしてくれる。
いつもそう思える自分でありたいです。
[PR]

by arapf331 | 2009-01-19 11:18 | 雑記 | Comments(5)  

Schedule in February

では続けて更新です。
早速2月スケジュールになります!
19日の弦楽四重奏との共演はぜひともいらしてください。おススメ!!
チケットは僕からも購入できますので遠慮なく言ってください。

あとは久しぶりに5日に吉祥寺MEGでソロピアノやります!
セカンドアルバム以来のソロライブ。自然と気合いが入ります。
やりたい曲がたくさんありますので、お楽しみに!



2月1日(日)鎌倉 Daphne
        w/Jay(vo)デュオ


4日(水)池袋 Independence  インディペンデンス8周年記念ライブ!!
          w/Jay(vo)、土井孝幸(b)、力武誠(ds)


5日(木)吉祥寺 MEG  「吉祥寺ジャズ愛好会・主催ライブ!」
      w/荒武裕一朗(p)ソロ・ピアノ


12日(木)立川 Jessie James
       w/牧野竜太郎(vo)デュオ


15日(日)西新井 Cafe Clair
        w/Jay(vo)デュオ


16日(月)関内 上町63  「トリオ!」
       w/安東昇(b)、小松伸之(ds)


17日(火)西新宿 あ・うん
       w/池田聖子(vo)、甲斐久仁江(vo)


19日(木)目黒 Blues Alley Japan  
       荒武裕一朗trio+String Quartet  Special guest:牧野竜太郎
       (Pf)荒武裕一朗 (B)生沼邦夫 (Ds)今泉総之輔
      ★Strings Quartet (Vln)北川菜美子、新井恵 (Vla)佐藤良輔 (Vc)坂東真由美
      ★Guest (Vo)牧野竜太郎

      前売券 テーブル席(指定)\4,000 当日券は\500UP (各税込)

       【チケット予約受付中】
       ◆ 予約専用 TEL : 03-5740-6041
       【電話予約受付時間】 月~土/12:00~20:00
       上記時間外はインターネット予約が便利です (24時間受付)
       ※ 公演当日のお問合せ : 03-5496-4381 (店頭)


22日(日)中野 Thelonious
       w/今出宏(vo,harp)デュオ


23日(月)鎌倉 Daphne
       w/国貞雅子(vo)デュオ


24日(火)池袋 Independence 「日野林晋(ts)4」
       w/吉木稔(b)、津山裕貴(ds)、荒武(p)


27日(金)立川 Jessie James   「トリオ!」
       w/安東昇(b)、井上功一(ds)


28日(土)金町38     「日野林晋(ts)3」
        w/鈴木克人(b)、荒武(p)



今年の目標をクリアするべく頑張っていきます。
皆さんに喜んでもらえるようこれからもピアノに精進していきます。
よろしくお願いします!
[PR]

by arapf331 | 2009-01-17 14:21 | Jazz | Comments(4)  

般若心経

生命科学者・柳澤桂子さん(71)。
僕はこの方の著書「生きて死ぬ智慧」を読んだことがありました。

般若心経をこころについての洞察にあふれる文章で綴られており
とても難しい内容ながら一気に読ませてもらいました。
                                         柳澤桂子さん
b0122712_11482267.jpg
~最近のインタビューから~
生命は40億年近いリレーの中で、地球が火の海になったり、
凍結したりして何回も絶滅の危機に遭いながら切り抜けてきました。奇跡の重なりの上に、いま私たちは生きています。
命の尊さを知り、地球に生きていることの不思議さに対して謙虚になること。その姿勢を教えないと人は成熟できません。

十数年前に車いすで外出した時、通りかかった女性に「お気の毒ですね」と言われました。「みじめだ」という目で見られているのか、といやな感じがして、木陰で考え込んだ時に
ふと「私がいなければ、この考えはない」「自我がなければいいんだ」と気がつきました。
ジェット機で雲を突き抜けて真っ青な空に出る時の感じでした。

悩みも苦しみもない世界がある、と分かったらもう怖くはない。
入ろうと思えば自我のない世界に入れる。
雑念がすべて取り去れれば真っ青な空の中に自分なしでいられます。


僕は京都市にある私立洛南高校を卒業しました。
空海・弘法大師の東寺(教王護国寺)の境内の中にある高校でした。
授業には「宗教」の時間も毎週あり、ここで般若心経を勉強しました。

その当時感じていた般若心経への想いと、この柳澤さんの解釈では少し違いが
ありますが、より分かりやすく表現されています。
気になる方は是非読んでみてください。最近はまた読書熱が再燃しております。


今日は阪神・淡路大震災から14年。
6434人が犠牲になった静かな鎮魂が祈りにつつまれました。
被災各地で追悼行事がありますが、今日は失われしものへの思いをはせたい。

そしてこの二日後に祖母が他界しました。
毎年、1月には京都の西山霊園へ一人お墓参りに行きます。
バスに揺られて京都の街を抜けて霊園へ向かうなかで
色々考えながら自分の思いをまとめていく作業は毎年僕の中で恒例行事です。

お墓参りを済ませて、いつも行く三条河原町のコーヒー店で休憩して京都の町を散策します。
中学・高校と過ごした街並みを眺めているとあの頃の記憶が鮮明に蘇ってきます。

夜は中学時代の同級生達と集まって飲みに行きます。
みんな元気に暮らしていることに安心して東京に帰ります。



って音楽の話題がないですが(笑)
ピアノに向かって今年も頑張ります!よろしくお願いします。
[PR]

by arapf331 | 2009-01-17 11:54 | 雑記 | Comments(0)  

With my soul!!

昨日は鎌倉ダフネでの「本田竹広メモリアルライブ」でした。
来て頂いた皆さま、本当にありがとうございました。
満席のお客さんに囲まれ、本当に嬉しく思いました。

改めて本田さんの大きな偉業を痛感し、また背筋の伸びる想いでした。
素晴らしい本田さんの曲たちを演奏できてとても幸せでした。
ステージの壁に本田さんの大きな写真を飾ってもらいました。
演奏前に本田さんの大好きだったマイヤーズラムをメンバーで献杯して演奏しました。

セットリスト(2009.1.12) w/安東昇(b)、今泉総之輔(ds)
<1st>
1.Balmy Breeze
2.Wimbo Calypso
3.Cool Eyes
4.Sea Road

<2nd>
1.La-Moo
2.Rippling
3.Water under the bridge
4.Ain't tell you

en.Yesterday

全曲本田さんのオリジナルを取り上げさせてもらいました。
本田さんが心不全で亡くなって3回目の命日でした。
これからも本田さんの志を継ぐ音楽家を目指して頑張っていこうと思います。

今の自分の心境と昨日のライブを通して、また自分の大きな課題が見えました。
やはり本田さんは凄い!!
今自分に必要なことも見えた。
その課題をこれから少しでもクリアしていかなくては。

尾崎さん、オーナー双葉さん、そして来て頂いた皆さま、トリオメンバーに
心より感謝しています。
本当にありがとうございました。

そして、本田さん。
今の僕があるのはあなたのお陰です。
これからも少しづつあなたに近づけるようにピアノに向かっていきます。

本田さんの新しいHPが開設されました。
嬉しいですね。
本田竹広HP http://jazz-honda.deci.jp/
[PR]

by arapf331 | 2009-01-13 11:43 | Jazz | Comments(0)  

銭湯とジャズ

先日家のお風呂が調子悪くなったので、急遽近所の銭湯に行ってきました。
いまは風呂は450円もするんですね。。。びっくりしました!

でも大きな湯船に浸かりながら、体を伸ばしてのんびりできるのはやはり最高でした。
お風呂ってなんであんなに幸せな気持ちになれるんでしょうか(笑)
湯気いっぱいの中で肩まで浸かってリラックス。
たまには銭湯もいいもんですね!

例の3連荘も無事に終わり、好スタート切れました。
今年はゆっくりと進んでいきます。
去年が時速200kmくらいだとしたら、今年は80kmくらいでしょうか。
しかし、中身のたっぷり詰まった音楽をお届けできると思います。

音楽を創るのはミュージシャンばかりではないです。
聴衆もその音楽を聴くことで、自分の力でミュージシャンの創るところに協力する。
この協力感の自覚こそ音楽を聴く本当の楽しみではないかなと僕は思います。
そこに何か自身を投影しながら聴いてもらえたらと思います。



ということで、トリオ2連発!
明日9日(金)池袋 Independenceにて。
メンバーは安東昇(b)、今泉総之輔(ds)と共にお送りします。
開演20:30から2セット。


そして12日(祝)は僕の心の師匠「本田竹広氏」の命日。
鎌倉のjazz club DAPHNEにてトリビュート・ライブをひっそりやってます。
メンバーは同じく、安東昇(b)、今泉総之輔(ds)。

本田さんのオリジナルを中心にお送りします。
曲はすべて本田さんの曲にしたいと考えています。
みなさんにも本田さんのオリジナルに少しでも触れてもらえたらと思います。
当日はセットリストと共に手製の曲解説メモも配ろうと思っています。

故本田竹広氏
b0122712_15411782.jpg
[PR]

by arapf331 | 2009-01-08 16:01 | Jazz | Comments(3)  

おっと・・・

実は今日から例のお仕事が3連荘なんです。
スケジュールには掲載してはいけなくなっておりまして・・・。
行くことあれば、個人的に質問してください(笑)

朝早い分、夜早くに終わります。

早く家に帰れる。

飲みに行かない。

ブログが更新できる


とても良い循環となっております。

たぶんこれを書き終わったら布団に向かいます(笑)
遅刻したらシャレになりません、あの現場は。
なので会社員のようなペースになってます。


告知!
◎絶対に来て欲しいライブ◎

その1.
2月19日(木) 目黒Blues Alley Japan
荒武裕一朗trio+String Quartet Special guest:牧野竜太郎
(Pf)荒武裕一朗 (B)生沼邦夫 (Ds)今泉総之輔
★Strings Quartet (Vln)北川菜美子、新井恵 (Vla)佐藤良輔 (Vc)坂東真由美
★Guest (Vo)牧野竜太郎

*前回に引き続き弦楽四重奏との共演ライブですね。
 今後が更に期待される牧野竜太郎を迎えてガッツリやります!
 弦楽のアレンジも全てこの日の為に新しく書き下ろしますので、お聴き逃しなく!

前売券 テーブル席(指定)\4,000 当日券は\500UP (各税込)

【チケット予約受付中】
◆ 予約専用 TEL : 03-5740-6041
【電話予約受付時間】 月~土/12:00~20:00
上記時間外はインターネット予約が便利です (24時間受付)
※ 公演当日のお問合せ : 03-5496-4381 (店頭)




その2.

3月31日(火) 復活Ta-Ta septet!!!!

僕の誕生日になんとこの日だけ復活します(笑)
8年前に活動していた僕の3管編成のバンドです。
これリアルタイムで聴いたことある人は凄いです、嬉しいです。
2年間活動してました。

荒武裕一朗(p)
佐藤帆(ts)
森田修史(ts)
池田雅明(tb)
安東昇(b)
力武誠(ds)
ゲスト:和泉聡志(g)

「Golden Flower」や「Talking Junction」「Tinytoon」など僕のオリジナルを中心に
やっていた同年代ゴリゴリバンドです。
35歳になる記念にみんなと再会したくなり決めました(笑)

場所は高田馬場Gate one
まりこさんから「誕生日ライブやろうか?」と誘われ決断しました。

10年前にタイムスリップしてみませんか?
本当にゴリゴリです(笑)
綺麗な曲は一切排除されております、このバンド。

10年経ってみんなどれくらいおっさんになったか知りたいだけかも。
このライブは要チェック!!!



とまぁこんな感じです。

やりたいことは決まってます。
やりたいメンバーも決まってます。

変化を恐れず。

真摯にjazzに向かいます。

やっぱり本物のjazzがやりたい。

ただそれだけです。
[PR]

by arapf331 | 2009-01-05 23:51 | Jazz | Comments(2)  

新年!

皆様明けましておめでとうございます。
たくさんの賀正メールや電話を頂き、ありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。

皆さんにとって今年も素晴らしい1年でありますように。
僕も頑張って生きます 行きます。
と、ありきたりな挨拶はこのくらいにして。

とうとう明けましたね2009年。
今年は「我慢・辛抱」がテーマになりそうな予感です(笑)

初めてジャズに出会ってから18年が経ちました(早)
あれは高校2年の夏、深夜ラジオから聴こえてきた「Jazzy Night」ってFM大阪の番組。
パーソナリティーは国府弘子さん。
すぐにエアチェックして先生のところに持って行き、

「先生!これなんて音楽なん?教えてや」

「これはね、ジャズって音楽。先生は教えることはできひんで」

「俺、これやりたい」

「クラシックはどないすんの?」

「やめる!これやる」

「ほな、違う先生紹介するからな」

「うん、そうしてや」




最悪な生徒でした(笑)。
早速楽器店の社長と話をしてジャズやることに。
でもまだこの時点ではポピュラーミュージックの範囲で、ジャズなんてとてもとても。

コードネームから教えてもらい、五線譜が鉛筆で真っ黒になるまで勉強しました。
「これがCmaj7やな」って鍵盤押さえながら耳で覚えていきました。
この頃に本もたくさん読みました。


あれから18年。
また初心に帰ろうと思います。
そんな2009年にしようと思います。

当たり前なことを有難く感じられるようになりたい。
高校3年時、受賞者のみのガラ・コンサートに出演したとき、ジャズやらせてもらって
プロのベースとドラムと一緒にステージで「Take the A train」を弾いた時に
感動で足の震えが止まらなかったことを思い出します。

その日の夜
「俺、明日で高校辞めて、ピアニストに弟子入りするけどいい?」
と親に言ったの覚えてます。
相手にされず笑われました。。。たぶん親は覚えてないと思います(笑)



辛抱のときが来ました。
今年は我慢と上手に付き合っていくつもりです。
甘い誘惑はやめてくださいね(笑)
僕は本気です。

姿を消すかも知れませんが、心配しないでください。
水面下で怒濤の変化を遂げていると期待していてください。
それぐらいの覚悟ですので、心配無用です。

ちゃんと演奏は続けていきますが頻度は激減しますので(笑)
はい、月を追うごとに減っていきます。
冬眠ですね。
いつになるかは分かりませんが必ず目覚めます、そのつもりです(笑)



ここでちゃんとご報告させてもらいます。



花の咲かない冬の日は下へ下へと根を伸ばそう
[PR]

by arapf331 | 2009-01-05 00:12 | Jazz | Comments(1)