カテゴリ:Jazz( 311 )

 

怒涛の10月でした

久しぶりの更新です。
10月は怒涛のスケジュールでした。

9月の東北ツアーを無事に終えて、最終日の新宿ピットイン。
たくさんのお客様に来て頂き感謝してます!
メンバーの本田珠也(ds)さんと三嶋大輝(b)くんにも感謝!
皆様!ありがとうございました!

すぐに小松悠人(tp)くんのバンドツアーで関西、東海地方へ。
どこも超満員のお客様で音楽的にも充実したツアーでした。
各地でお会い出来た皆様、ありがとうございました!

その後は、力武誠(ds)くんのツアーで新潟は栃尾へ。
毎年お世話になってる「ふきのとう」でこれまた激アツライブでした。
美味しい油揚と日本酒に癒され、メンバーと温泉にも行きました。

遅い夏季休暇をもらい、ハワイへ。
母親を連れてのんびりさせて頂きました。
大きなガジュマルの木!
b0122712_11003596.jpeg
ハナウマ湾にも行きました。
シュノーケリングして、野生の海ガメと一緒に泳ぎましたよ。
b0122712_11010606.jpeg
帰国後、すぐに山添ゆか(vo)さん達との関西ツアーへ。
毎晩、熱くスイングして楽しいツアーでした。
関西チームの素晴らしさ、堪能しました。
山添ゆか(vo)さん、引田裕路(ds)くんの関西勢と大輝(b)との混成チーム。
ご来場頂き、本当にありがとうございました!
関西最終日は神戸牛頂きました!凄かった。。会長感謝です!
b0122712_11054884.jpeg
関西に行ったら、外せないのが吉本新喜劇とBar高橋へ。
吉本新喜劇は大輝と大笑いして来ました。
そして、新地の軍国バー(笑)へ。
大輝をずっと連れて行きたかったので、記念撮影に大満足!高橋さんありがとう!
b0122712_11095616.jpeg
今回も色々な場所で、たくさんの方々にお会い出来て感謝してます。
アルバムもたくさんご購入頂きました。
僕にとって凄く意味のあるツアーや旅行になりました。

演奏できる幸せ。
改めて僕とお付き合い頂いている皆様に心から感謝してます。
今年もあと2カ月。最後まで全力で参ります!

このツアーを通して感じ、考えたこと。

結局、悩むのは自分のことが好きだから。
自分のことばかり考えていたら悩む。
人のことを考えていたらあんまり悩まない。
b0122712_11181725.jpeg
今後ともよろしくお願いします!

[PR]

by arapf331 | 2016-11-01 11:19 | Jazz | Comments(0)  

思うこと

昨日無事に帰国しております。
夏休み満喫して参りました。
今夜からまた演奏活動再開させて頂きます。




利巧に立ち回ろうとしている人を傍で見ている位、
冷や冷やするものはないです。
なんて間抜けだろうと思います。

神経質で敏感で、いつもいい子になりたいと思ってる奴は
時としてよく相手の心を見抜くもんです。

だけど、自分に関係の無い事柄、
つまり、どっちにしたって『自分は自分』
でいられる場合には恐ろしく鈍感なもんです。

要するに過ぎてしまったことだ、と。
確固たる意志に抵触するほどでもない、
柔軟な心というものを誤解しないで欲しい。

ふと、そう思うだけで僕は自分の過去を語ることが
どうにも不可能に思えてきます。
僕がしてきた経験の語りにくい部分だけが、
今の僕の体のどこかに生きているように思います。

だから、そう思っただけで心はいっぱいになってしまうんです。
何にも言えなくなってしまうんです。

そしていつも思います。

独創なんてものは珍奇なものでも、華やかなものでもない。
心を傾けて自分の資質が表現できれば、
いつも独創的表現になるんだと。

自分の本当の姿を見つけたかったら、
自分と言うものを一切見失うまで
自己解析を続けなきゃいけない。
途中で見つける自分の姿はみんな影に過ぎない。

2017年。
僕はどのあたりを走っているんだろうか。
勇ましいものはいつでも滑稽なんです。
b0122712_08291267.jpeg



[PR]

by arapf331 | 2016-10-19 08:30 | Jazz | Comments(0)  

東北ツアー6日目

今回の東北ツアーは自分にとって、
大きな大きな意味を持っている。
自分が憧れて、追いかけてきた竹広さんとの接点。
宮古で育った竹広さんを感じること。
竹広さんがこの世を去って10年間。
行きたくても行けなかった。

珠也さんとアルバムを制作する機会に恵まれた今作で、
初めて自分の気持ちが確固とした作品になった。
感謝の想いと、これまでの経験や感情が凝縮されたアルバムになった。

墓前で竹広さんにやっと報告することが出来ました。
想像出来るだろうか。こんなに幸せなことはない。
様々な人達の協力や理解が無くては成し遂げられなかったのは当然として、宮古で演奏出来たこと。感無量です。

震災で被災した宮古の人達に触れてみて、
その強さや明るさが印象的だった。
現実にはまだ復興の途中ですが、
僕にとって震災を経験した本人達の想いを感じること。
想像するだけで込み上げて来るものを我慢できなかった。

その痛みを感じられる人間でいること。
必ず乗り越えて行けると信じること。希望。

澄んだ美しい目をした東北の人達の思いに心が揺さぶられ、
自分の日常とはかけ離れた日常があることも知った。

東北ツアーを通して感じたこと。
音楽以外も全てを含めて音楽なんだと改めて思った。
心に残った東北の風景、風の音、雄大な自然。
あの人達の魂に届く音楽を表現して行きたい。

演奏出来る幸せ。
決して当たり前ではないことを忘れてはいけない。
忘れそうになったらあの瞳を思い出せ!
心震える感情を音に昇華させていこう。

メンバーの珠也さんと大輝には心から感謝してる。
一緒に音楽も想いも共有していくことの幸せ。
トリオにとっても大きな意味があったと思う。
そう、最後まで全力で音楽していこう。

今夜はツアー最終地の弘前。
大好きなお店『れもん』で2days!

9月23日(金) 弘前 れもん トリオ
〒036-8214 青森県弘前市新寺町1−34
0172-33-9359 開演19:00 ¥3,000

9月24日(土) 弘前 れもん ジャムセッション
〒036-8214 青森県弘前市新寺町1−34
0172-33-9359 スタート 19:00 ¥2,000

そして、
ツアー最終日はジャズの殿堂・新宿ピットインへ。
初めてメンバーと行った東北ツアーの総決算!
是非お越しください!

9月25日(日) 新宿Pit inn(夜の部) トリオ
新宿区 新宿2丁目12−4 アコードビル B1F
03-3354-2024 開演 20:00 ¥3,000(1drink)
荒武裕一朗p、三嶋大輝b、本田珠也ds

お待ちしております!
b0122712_02065273.jpeg

[PR]

by arapf331 | 2016-09-23 16:58 | Jazz | Comments(0)  

東北ツアー5日目

昨日の盛岡Sへお越し頂き、ありがとうございました!
東北ツアー4日目も無事に終わりました。
ベーゼンドルファーには最初苦戦しましたが、
後半は思い通りにサウンドしてくれました。

竹広さんゆかりの皆さま。
トリオサウンドを楽しんでもらえました。
珠也さんの最後のドラムソロが凄かったなぁ。
どんな世界も表現してしまう。シビれました!

大輝も全力で頑張ってくれた。
サウンドを支えるボトムを理解して、
トリオ全体のバランスを取ってました。
これから更に成長してくれたら嬉しい。

トリオもツアーを通して成長したい。
色んな可能性に挑戦していこう!

終演後は竹広さんのレコードが怒涛のようにかかる(笑)
素晴らしい音響で聴けて良かった。
CDもお買い上げ頂き感謝しております。



盛岡から新幹線こまちで秋田へ移動してきました。
東北ツアー5日目は秋田Cat Walkです。

9月22日(祝) 秋田 Cat Walk
秋田市大町3丁目4−11 ハイクリエイトNKビルB1
018-865-6699

皆さまのお越しをお待ちしてます!


写真は昨日の開演前にメンバーと焼肉へ。
当然、盛岡冷麺をおいしく頂きました。
b0122712_15095537.jpeg


[PR]

by arapf331 | 2016-09-22 15:10 | Jazz | Comments(0)  

東北ツアー3日目

今日はOFF日。
朝から宮古の街を大輝と散策。
この街で竹広さんが育ったと思うと、
なんとも不思議な感覚になりました。

まずは、竹広さんのお墓参りへ。
草をむしり、お墓を綺麗に磨いて、お花をいける。
珠也さんと大輝と綺麗にして、気持ちもスッキリ。
東京から持参したレコード(サイン入り)で記念撮影。
b0122712_02042568.jpeg
3人で記念撮影。レコード持ってきた甲斐がありました。
b0122712_02045513.jpeg
その後は浄土ヶ浜へ。
さっぱ船にも乗って、青の洞窟へ行きました。
途中、ウミネコ達の洗礼もありながら(笑)
無事に浄土ヶ浜の湾内を周遊出来ました。
b0122712_02053293.jpeg
震災から5年。
まだまだ復興の途中ですが、見事に再生した宮古。
実際に脅威の爪あとを感じることが出来ました。
仮設住宅を余儀なくされている方々の、
1日も早い復活を心から願っています。
b0122712_02060502.jpeg
先日行われたジャズイン浄土のマリンハウスへ。
早野さんにたくさんご馳走になり、奥浄土にも。
竹広さんのアルバム『浄土』も持参して、珠也さんと大輝と記念撮影。
これが目的の一つでした(笑)
b0122712_02063354.jpeg

浄土ヶ浜で佇んでみた(笑)
b0122712_02065273.jpeg
恒例ですよね、やっぱりこれは。
b0122712_02075207.jpeg
夜は珠也さんのソウルメイトと食事。
鮎の塩焼きに豪華刺身、宮古の日本酒『フェニックス』でワイワイと
楽しい時間は過ぎて行きました。
b0122712_02072992.jpeg

鮎山盛り。
b0122712_02081178.jpeg
また気持ちも新たにピアノに向かいます。
竹広さんの故郷に来れて気持ちもスッキリです。

明日は盛岡へ移動です。

9月21日(水)
Bar Cafe The S
岩手県盛岡市菜園2-7-30 スガトウビル1 F
019-625-2440  

震災で浸水したピアノ。
竹広さんが愛したベーゼンドルファー。
見事に復活したピアノ。

心してピアノに向かいます。
お近くの皆さま、是非お越しください!

[PR]

by arapf331 | 2016-09-21 02:09 | Jazz | Comments(0)  

東北ツアー2日目

昨日は宮古カントリーズカフェでした。
竹広さんの故郷での演奏は感慨深い。
これまでの感謝と喜びの想いをピアノで表現できた。

珠也さんに色んな方々を紹介してもらった。
みなさん豪快で明るい方々ばかり。
竹広さんの同級生や仲間の方々から、たくさん話をして頂いた。
僕にとってこんな幸せな財産はない。

宮古の人たちの底ぬけに明るくて、ワイルドな人間性に竹広さんのルーツを感じ、
竹広さんのピアノから湧き出る優しさと力強さの理由が見えた貴重な1日だったなぁ。

終演後はマスター始め、お客さん達との打ち上げも盛り上がり、よく笑いました。
最高に楽しい時間と様々な情報量でした(笑)

また宮古で演奏したい。
またこの3人で来たい。
そう思えるライブでした。

打ち上げ後は珠也さんと大輝と3人で閉伊川を散歩。
メンバーと宮古の夜を、川べりを歩く。
多くを語らずとも感じる充足感に満ちながら、
3人の足音だけが聞こえてくる。

珠也さんに「宮古に荒武を連れて来られて良かった。感無量だ」と言われ、
嬉しくて涙しそうでした。大輝もよく頑張ってくれた。

3人で歩いた道を僕は一生忘れることはないだろう。
シンとした静寂の中で珠也さんと大輝、
そして偉大な竹広さんへの想いがまた一つ増えた。

心の繋がりを感じて、認め合って、音楽にのめり込む。
心がやわらくなる時間。
この2人と共にもっと大きな音楽を表現して行きたい。

宮古観光も兼ねて、ゆっくり過ごします。

写真は宮古駅前の蛇の目本店の『磯ラーメン』
カニが可愛い(笑)海の幸満載でした。
b0122712_02011703.jpeg

[PR]

by arapf331 | 2016-09-21 02:03 | Jazz | Comments(0)  

東北ツアー1日目

東北ツアー始まっております。
仙台Cabo、立ち見の満席のお客様でした。
ご来場頂きありがとうございました!
トリオも最高潮な演奏となりました。

仙台到着から最後までアテンド頂いたキムタクさん。
本当にありがとうございました。
キムタクさんなしではあり得なかった。

いやぁ、初日から最高な幕開けでございました。
打ち上げも盛り上がり、楽しい初日となりました。
b0122712_01582049.jpeg
本田竹広さんの故郷・宮古に参ります。
心して向かいます!

9月19日(祝)
カントリーズCafe
岩手県 宮古市保久田2-22 2F
0193-64-3451

今夜はあの曲やります!
竹広さんの故郷でやる幸せを噛みしめながらピアノに向かいます。
皆さまのお越しをお待ちしております。

[PR]

by arapf331 | 2016-09-21 01:59 | Jazz | Comments(0)  

天高くして馬肥ゆる秋

「天高くして馬肥ゆる秋」

夏も終わりを告げようとしている。
今週からレコーディングメンバーでツアーです。
各地の皆さまにお会いしたい!

僕自身にとって大きな節目となるツアーです。
全力で参ります。竹広さんの故郷・宮古にも行きます。

大活躍で超多忙を極める珠也さん。
ずっと一緒にやってきた大輝。
来年に向けてのトリオの大きな一歩になると思います。

詳細はHPにてご確認ください。
http://www.musicmakeusone.com/aratake
b0122712_13320071.jpeg
荒武裕一朗トリオ ツアー 2016
『TIME FOR A CHANGE』発売記念
荒武裕一朗(p) 三嶋大輝(b) 本田珠也(ds)

9月16日(金)
日吉 Wonder Wall Yokohama
開演 20:00 ¥2,500

9月17日(土)
浅草 Soul Trane
開演 20:00 ¥3,500
※守谷美由貴(as)が参加します

9月18日(日)
Modern jazz & snack KABO
仙台市青葉区一番町四丁目5-17
022-261-3792

9月19日(祝)
カントリーズCafe
岩手県 宮古市保久田2-22 2F
0193-64-3451

9月21日(水)
Bar Cafe The S
岩手県盛岡市菜園2-7-30 スガトウビル1 F
019-625-2440  

9月22日(祝)
秋田 Cat Walk
秋田市大町3丁目4−11 ハイクリエイトNKビルB1
018-865-6699

9月23日(金)
弘前 れもん
〒036-8214 青森県弘前市新寺町1−34
0172-33-9359

9月24日(土)
弘前 れもん ジャムセッション
〒036-8214 青森県弘前市新寺町1−34
0172-33-9359

9月25日(日)
新宿Pit inn(夜の部)
新宿区 新宿2丁目12−4 アコードビル B1F
03-3354-2024

b0122712_06354193.jpeg
今年2月にアルバム発売以来、色んな思いの総決算。
是非ご来場くださいませ。

[PR]

by arapf331 | 2016-09-14 06:40 | Jazz | Comments(0)  

蒼氓

『蒼氓』山下達郎
http://youtu.be/ND8sStL8S6c

タイトルの『蒼氓』とは、「民、人民」を意味する言葉。
第一回芥川賞を受賞した石川達三の小説も同じタイトルですね。
そこからタイトルを引用したと考えるのも、
あながち間違いではないような気もします。

いずれにせよ、この歌のテーマは普通の人の生きる意味について。
辛いことも多い厳しい人生を生き続ける事の意味を探す旅について歌ったもの。

♫憧れや名誉はいらない
華やかな夢も欲しくない
生き続ける事の意味
それだけを待ち望んでいたい


ただ僕がこの曲に共感したのは、冒頭に書いた部分。

♫ちっぽけな街に生まれ
人混みの中を生きる
数知れぬ人々の
魂に届く様に


僕自身が田舎育ちなところもあり、
だからこそ、この部分には強い共感を覚えてしまいました。
田舎から東京にはじめて出てきて一番痛感したのは、
すれ違う人間を誰も知らない
ということでした。

都会の風景は、あまりにも人が多すぎて淋しさが身に染みます。
関係性を断たれた無秩序な人の群れ。
ついさっきすれ違った人の顔も思い出せません。

だけど、この歌を聴くとやはり「蒼氓としてあること」
からの離脱を願ってしまいます。
「憧れや名誉や華やかな夢」そのものが欲しいわけではないですが、
そうした存在がある意味でのモチベーションになることを否定するには
若すぎるのかもしれません。
そんな達観した穏やかな境地には、まったく至らないですが(笑)

その自覚が自分を少しずつでも前進させていくような感覚が確かにあるのです。


大学の卒業式の日にバレー部の同期の主務だった奴がくれた一枚のCD。
「この曲俺が大好きな曲だから、荒武にも聴いてもらいたいから、やるよ」と。
なんか嬉しかったのを思い出します。

自分が置かれている環境や人間関係は、それをどんなに気に入っていたとしても、
やはり時の流れと共にかたちを変えていってしまいます。
突然の変化もあれば、気づかないくらいゆっくりと訪れる変化もあります。
それは仕方のないことです。

だったらせめてよりよいと思える方へ変えていきたい。
常に向上心を持ちながら穏やかに毎日を過ごしていきたいです。
自分の存在意義の危うさは「憧れ」や「名誉」や「華やかな夢」では
ごまかしきれなくなることがあります。


でもどんなに成功したひとだって自分の存在意義に悩むことがあるかもしれません。 きっとそれは自分独りでは解決できないことです。

なぜなら、自分自身の存在意義を認めようともがくその当人の存在意義が
問われているからです。
存在意義があるかどうかわからない者の認めた存在意義など当てにできないから。

「誰にでもできる仕事かもしれない。だけど、他の誰でもないぼくがやったんだ」
と思うことが大切なんだと思います。 「誰かの役に立った」という実感が。

どんな人の存在意義も根本的には危ういもの。
だからこそ、それを互いに支え合う仕組みがあるはず。

僕は音楽を通して、その仕組み=「社会」に貢献していきたいと願っています。



来月の東北ツアー。
大きな節目となるツアーになります。
b0122712_11192211.jpeg
b0122712_11194466.jpeg
よろしくお願いします!

[PR]

by arapf331 | 2016-08-11 11:20 | Jazz | Comments(0)  

原点回帰

『暮らしは質素に、心は豊かに』
今年後半の自分への命題。原点回帰。

最近の業界は作り手の作業過程が減る中、一緒に熱量も減ってる気がする。
人の手のかかる熱量が懐かしく感じる今日この頃。


昨夜はケイ赤城(p)トリオを聴きにお茶の水ナルへ。
今回も強力でした。凄すぎる。

いやぁ、刺激をたくさん頂きました!
タッチコントロールの素晴らしさ、ダイナミックレンジの広さ、
そして、変拍子の嵐。

ケイさんは言わば、マッド サイエンティスト!(笑)
頭掴まれて脳みそを掻き回された感じ。
メンバーの珠也さんも俊也も素晴らしかったなぁ。

ケイさんとお話出来たり、珠也さんと色んな話が出来た。
素晴らしい先輩達。感謝してます。

今日8/7は下北沢アポロで昼ジャムセッション。
14:00〜17:30 ¥1,500+orderでやってます。
荒武裕一朗(p)、千葉ゆきお(b)、ませきゆうと(ds)
初共演。楽しみ過ぎる!

おいでませ、下北沢。



明日は新宿ピットイン(昼)でトリオ!

8月8日(月) 新宿ピットイン(昼)
荒武裕一朗トリオ 三嶋大輝b、今泉総之輔ds
開演 14:30 ¥1,300(1drink)

おいでませ、新宿。

b0122712_09161309.jpeg

[PR]

by arapf331 | 2016-08-07 09:16 | Jazz | Comments(0)