帰国!

無事に日本に帰国!
最高な日々を過ごすことが出来ました。
あっと言う間の8日間。

アムステルダム最終日。
オランダジャズの殿堂ビムハウスへ。
オランダ音楽大学の学生達が集まってました。みんな若い!
b0122712_4104016.jpg


様々な国や地域から集まってきてました。
お客さんも満員で立ち見の大盛況。
10年前から変わらないオランダの音楽に優しい状況を示すチャージ無しという優遇。
無料!自分の飲み代だけで音楽を深夜まで楽しめます。
この時期オランダは白夜で、夜10時でも外は明るい(笑)
b0122712_4173389.jpg


今回は本当にたくさんの人達に出会えました。
タンザニアの恵まれない人達をサポートするグリーンピースのメンバーのティヌもその1人。人と人が繋がっていく。これは喜びの何者でもない貴重な財産。感謝です。
b0122712_4171043.jpg


今回のヨーロッパツアー全ての行程を無事に終えることができました。
ビムハウスからホテルまで大輝と歩いて帰り、お互いの健闘に乾杯!

色んな想いを抱えてヨーロッパに行きました。
周りの状況も、オランダのジャズシーンも変化していました。
自分が決めた決意を新たに臨んだツアー。出来なかったこともたくさんあります。
それは、次回への大きな課題をもらったと認めておこうと思います。

初海外の大輝。
色んな思い出を胸に帰国したんではないかと思います。
世界の大きさや広さを知って、これから大きく成長してくれると思います。
大輝自身が世界へ羽ばたいて行ってくれるのも、僕のこれからの大きな夢です。

2人で過ごした時間や思い出は大切にしていきます。
また日本で新たな目標を胸にピアノに精進して行きます。
そして、今回お世話になった全ての方々に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!
b0122712_14512264.jpg


最後に、僕が感じたツアー後記です。

過去に折り合いを付けた時に、初めて心が動き出します。哀しくも前向きな僕なりの「適応」に胸が軋むことがあります。

堪え切れぬ痛みを抱え、それでも予定調和のない人生を歩み続けるしかない。

厳しい現実が鈍痛の如く纏わりつくこともあるけれど、これこそが僕の身の丈に合った人生賛歌ではないかなと思います。

音楽に人生に懸命にこれからも生きて行きます。


最後の搭乗を前に大輝とお疲れ様撮影(笑)
b0122712_4403280.jpg

[PR]

by arapf331 | 2017-05-19 04:47 | Jazz | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 色々ライブ後記 アムステルダム後半戦2! >>