「ほっ」と。キャンペーン

大晦日に思うこと

自分に何ができたかを考えることが年の瀬の常です。

孟嘗君の育ての親である白圭は、最期の時を迎えた時に孟嘗君に言います。
「お前に試練を与えたものこそ尊び、感謝するべきだ」と。

真の仲間というものは、僕に難しいミッションを課しつつ、
僕に対して大きな期待を抱いてくれます。
それはこの上もないほど有り難いことです。
そのおかげで僕は挑戦し、成長し、
僕の音楽に対する熱は、より熱いものとなっていきます。

"人こそ世界だよ"
白圭の素晴らしい言葉です。

自分1人では何も気づかない。
でも、誰かと関わることで僕の人生は豊かになっていきます。

たくさん感謝したいことがあります。
同時に僕の至らなさを大きく恥じ、悔いることがたくさんあります。

音楽しかできない人間ですから、
来年はもっともっと深く美しい音を出せるように努力していこうと思っています。

今年も皆様の温かい応援に心から感謝しています。
いつまでも未熟な僕と一緒に音楽を作ってくれる音楽仲間。本当にありがとう。

荒武裕一朗トリオ
僕の全てを投入して、全力で音楽に向かって来ました。

もう兄弟のように色んな想いを共有し、一緒に歩んで来てくれた2人。
本田珠也さん、三嶋大輝くん。
感謝しても仕切れないほど感謝しています。
大好きな2人と来年も強く進んで行こうと思います。
b0122712_1824520.jpg


強くしなやかな創造力を持てるよう、
一層の研鑽を積んでいこうと思います。
2017年もよろしくお願い致します!

[PR]

by arapf331 | 2016-12-31 18:05 | Jazz | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 新年明けました! リラックス&大晦日 >>