パズル探しの旅

過渡期。
これまでの演奏生活の中で何度か訪れたように思う。
大きく変わる時もあれば、気づかない内に変化したこともある。

昨年末から自分の中に訪れている小さな変化。
ミュージシャンとして社会への関わり方を真剣に考えていた時期もあった。
歩幅が合わないぎこちなさとの葛藤。

けど今では、結果に執着するから雑念が入る、と思えるようになった。
結果を気にせず、今持てるだけの力を発揮してこそ、なんだなと。

自分の魂をぶつける。
全身全霊を持って音楽に取り組む。
その瞬間、瞬間にこそ、自分の人生はあるのだ。


今日の新宿ピットインのステージ。
音楽で表現する喜びがふと蘇った瞬間があった。
自分の中でパーンと何かがはじけた。

先日の高田馬場ゲートワンでの演奏でも感じていたことだ。
終演後に大先輩のギタリストH氏に、演奏をものすごく褒めて頂いた。
その内なる変化が音に現れた瞬間だった。

両日とも強力なメンバーと共に音楽が出来た。
本田珠也さん、力武誠くん、小泉P克人ちゃん、三嶋大輝くん。
音楽を艶やかに、しなやかにサポートしてくれる有難いメンバーだ。
感謝、感謝!

けれど、時にはうまくいかないこともある。
でも、そうやって魅力と力強さって増えていくんだ。

You hit the wall here and there.
But that's probably when you build your strength and character.

パズル探しの旅。
まだまだ続きます。


実は厄年って厄が落ちる前兆の長い長い助走なんじゃないかな、と思える事が最近多い。
今年は大厄。更に助走が加速して行く予感。
なにはともあれ、走り続けるのだ。



おまけ。
由布島に渡る牛車にて。水牛の名前は元気くん。つぶらな瞳に何とも癒されます。
b0122712_1554348.jpg

[PR]

by arapf331 | 2015-06-20 02:39 | Jazz | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 梅雨の中休み 欧州滞在 >>