てげてげ

平賀マリカさんの九州ツアーも後半戦。
あと2公演を残すのみとなりました。
鹿児島、宮崎の皆さん!素晴らしいので絶対聴きに来てね。
昨日の博多New comboも非常に盛り上がりました。

終演後はオーナー有田さんが『もつ鍋』をご馳走してくれました。
なんと、博多の重鎮Mr.Yamoriさんも登場!
嬉しかったなぁ。いやぁ、よく笑った。
b0122712_10154537.jpg

b0122712_1016845.jpg


これからの自分にとって一生付き合っていくだろう人たちとの出会い。
親・兄弟は言うまでも無く、人生の転機となるような人たちとの出会い。

久しぶりに再会した方々にも、初めてお会いできた方々にも
自分のことを遠くで影ながら見守ってくれていた方々にも本当に感謝してもしきれない。
たくさんの想いや情熱を感じています。

そんな中、自分の言いたいことを表現できる自分でいることは、情熱以外の何物でもないし、その情熱を全身で受け止めてくれる人たちがいることもまた大きな力になっているのも事実。

この世界に入ってからの自分はどうだったのか?
なんて反芻してみたりするけれど、その答えは未だ分からない。
しかし、これからも全てのものに感謝し、その想いを日々かみ締めながら生きていく中で
見つかっていくものだと思う。

この世に生を受けて1年を迎えた小さな命に恥じない自分でありたいと願い、
色んな人たちの愛情に支えられて生きてきた大きな力に、縁の不可思議さを感じる。

遠い地で頑張っている仲間に最大エールを贈り、萎縮することなく今自分のある場所に
しっかりと立って生きていくことに全力を傾けられる自分であること。

そこには魂の昂ぶりやぶつかり合いを通して自分を素直に表現した喜びが詰まっている

自由に自分の生きる道を感じたり、思い描いているうちはそんなに感じなかったんです。
その違和感を。その後コンプレックスの嵐に苛まされるとは思ってもみなかったし。
ただやりたいことと、現実の環境に上手くなじめない自分がいました。

自分って何?
 
この表現好きなんだけど、どうしたら表現できるようになる?
かゆいところに手が届かないのは何故??
真摯に音に向かい合えば向かい合うほど音楽が見えてこない。
あの人の、あの研ぎ澄まされた感覚を少しでも捉えたい。

やっぱりすべて自分に正直に生きていきたい。感謝することを忘れずに。 
そこから掴んだものは自分のかけがえのない財産になってきている気がします。

これまでも、そしてこれからもピアノに向かって日常生活の煩わしさや葛藤や悩みが全部バカらしく思えるくらい突き抜けたい。人によって痛みの感じ方は違う。
だけど、そんな想いを大笑いしながら吹き飛ばせば良いんだ。

優しい言葉や気持ちよりもちゃんとまた自分で前を向けるように、と相手を想う。
最後は自分だから。と教えてくれる。
それがその人を想う本当の優しさなのかも知れません。

自分もいつかそんな人間になれたらなぁと思います。


さて、博多から鹿児島へ向かいます。
南九州。
最高なエンディングへ向かいましょう!
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by arapf331 | 2015-05-08 10:27 | Jazz | Comments(0)

腹立てず 心は丸く 気は長く おのれ小さく 人は大きく!荒武裕一朗


by あらちゃん