再確認できた夜

昨日はラジオ収録を終えて、久しぶりに古巣に行ってきました。
僕にとってジャズを最初に叩き込まれたお店「Bunca(バンカ)」で、ここでは学生時代に
2年間アルバイトをやってました。

マスターは調子悪く会えなかったですが、お店は変わらずジャズ満載でした。
自家焙煎のコーヒーを飲みながら、色んな話をしました。
「初心忘れるべからず」
帰りの電車では気力も充実した自分がいることに少し驚いていました。

マスターと音楽喧嘩はもう何回したか数え切れず(笑)
その時々で音楽観をぶつけ合う。
自分の演奏やCDを酷評されたり、ライブでいたく感動してくれたり。
最近になってそんな本気なやり取りが出来る人は少なくなったなぁと思ってみたり。

b0122712_1138969.jpg
ここに帰ってくると、そんな有難みを痛感します。
厳しいことも嬉しいことも言ってもらえる有難さ。
ここ数ヶ月の仕事のことなんかもリセットすることが出来ました。

そんな15年以上お付き合いのあるジャズ喫茶に出入りするお客さん達。懐かしい名前や顔を思い出す。
みんな僕のことを気にかけてくれていることは本当に嬉しい。
皆さんの想いや気持ちに応えること。
僕がピアノに向かうそのままを受け止めてくれていること。

ライブに来てくれるお客さん達も含めて、改めて人に恵まれているなぁと思います。
本当に感謝しています。ありがとう。

b0122712_11532737.jpg

15年前に新宿Pit innに出演することが僕のこの世界の大きな目標でした。
まずは昼の部から。そして4年前の2007年に初めて夜の部にリーダーとして出演した。
ジャズを志す青年が小さいながら大きな1歩を踏み出した日でした。

あれから4年経ち、何度も経験した大好きなピットインのステージ。
次なる目標に向かって進むべき時が今来ているように思います。
皆さん是非聴きに来てください。

2011年6月11日(土)新宿Pit inn(夜の部)
荒武裕一朗(p)Trio+類家心平(tp)
b0122712_11555965.jpg
w/安東昇(b)、井上功一(ds) ゲスト:類家心平(tp)
 Open 7:30pm Start 8:00pm~ 
  ¥3000(1drink付)
 ご予約:新宿ピットイン 03-3354-2024
       shinjuku@pit-inn.com

~Pit innチラシより抜粋~
トリオ結成10年を迎え荒武のオリジナル曲を中心にダークかつ繊細なサウンド、時にアグレッシブな演奏で観客を魅了してきた荒武トリオ。今回は菊地成孔Dub sextetでも活躍中のトランペット・類家心平をゲストに迎えて更に進化したサウンドをお楽しみください。


お待ちしております!
[PR]

by arapf331 | 2011-04-27 12:13 | Jazz | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< The way forward チャリティーライブのお知らせ&... >>