交感しあう魂達

荒武トリオ+田中光栄(harm)@池袋Independence。
最高に楽しいライブでした。。
ご来場頂いた皆さま、本当にありがとうございました!

お店に着くと既に予約で全席満杯。
ライブが始まる頃にはすでに立ち見のお客様も。
トリオ一同驚きを隠せず(笑)、一体どうしちゃったの??ってなくらい。

いやぁこれは光栄さんの絶大なる効果なんだな。
なんなら毎月このメンバーでやりますかねぇ?(笑)
うちのトリオに光栄さんとの共演は初めてでしたが、熱いライブとなりました。
久しぶりのお客様も来て頂きつつ、超満員の中ライブはスタート。

2010.5.15 Trio+1@Independence
w/安東昇(b)、力武誠(ds)、田中光栄(harm)
1st.
1.Bluesette
2.My back page
3.君を乗せて
4.Four

2nd.
1.Sepia(K.Tanaka)
2.Isn't she lovely
3.Family(Y.Aratake)
4.夕焼け(Y.Aratake)

en.Take the A train

光栄さんとうちのメンバーは初顔合わせ。
期待膨らむリーダーの僕。
想像していた以上に熱く、熱く、盛り上がりました!

凄かったな、みんな。
昇もリッキーも音圧が、熱量がすさまじく。
この二人が歩き出す瞬間の気持ち良さは共演したら分ります、強力なエンジンです(笑)

その上に乗っかる光栄さんの底知れぬ演奏力。
ハーモニーにも精通している光栄さんとなら僕もたくさんの刺激を受けてピアノに向かえます。
僕のオリジナルもまたトリオとは違った色合いに染まっていきました。
気持ちよかったなぁ。。

終演後には当然ながら飲み(笑)。
今回は坂東さんや岡田さんというBigなお二人。
Music make us oneからのお付き合いのEFGデザインチームの皆さま。
そして、なぜか連日飲みの光栄さんと僕。

僕のトリオに光栄さんの入ったカルテット。
ん~機が熟して風が吹き始めてきた感じ。
出会うべくして出会ったメンバーのような懐かしさを感じます。

昇とリッキーと一緒に作り上げてきたトリオの世界。
どのトリオにも無い唯一無二な世界観があるというのは僕が自負するところ。
このメンバーでしか出来ないこともある。
このメンバーじゃ出来ないこともある(笑)

光栄さん曰く「トリオの息の合い方がもう、あうんの呼吸でびっくりした(笑)」
最高に嬉しい褒め言葉。

ミュージシャン自身が発信していくこと。
そこから生まれる世界を期待しながら突き進んでいく勇気と行動力。
これは僕が常に意識していることで、尊敬する先輩方から教えてもらったこと。

光栄さんと話をしながらこの意識がまた震え始めています。
お互いの世界観を共有できる資質を光栄さんには強く感じます。
それは初共演した時に感じた感覚が、今は少しづつ共感へと変わってきた感じかな。

お店を出る頃には外はすっかり明るくなってました。。。
これからも聴きにきてくれる方々に楽しんでもらえる、感じてもらえるような音楽。
このメンバーから発信される音楽とその向こうにある想いを期待していてくださいね。

やりたいことがたくさんあって、嬉しい悲鳴です。
お客様が貸してくれた武満徹と小澤征爾の対談本。
今日はゆっくりと読み耽りたいと思います。
ライブに来て頂いた皆さま、ありがとうございました!!!
[PR]

by arapf331 | 2010-05-17 12:19 | Jazz | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 至福の時間 水無月。。 >>