人生誰もが主人公

このブログを読んで頂いてる方々の人数が飛躍的に増えています。
こういうブログには訪問者数やアクセス解析なるものが付いています。
どのサイトから来てくれたのか、検索エンジンからはどこが一番多いとかすぐに分かります。だけど、誰かは分からない。

だから不特定多数の人たちなんですね。
1日に多いときで200人を超えるアクセスがあります。
素直に嬉しいなぁと思いますね。

そんな僕のブログですが、このブログのタイトル「人生誰もが主人公」って意味。
皆さんは考えたことがありますか?
折角なんでこのブログをスタートさせた想いを書いてみますね。

“人生誰もが主人公”
この言葉を一生身につけておくだけで、人生は必ず変わる!という想いです。
“俺はダメだ”、“私はいまいちだから”と自分を卑下してはいけない。
堂々とどんな脇役でも一生懸命やろう。
道は必ず開けるはずです。
きっと誰かが必ず見ていてくれますよ。


最近読んだ中で「渋沢敬三」という人の文章がありました。
この人の父親は明治、大正、昭和を生き抜いた日本財界の第一人者、渋沢栄一です。
栄一さんは当時、福沢諭吉と並ぶ常に社会の第一人者であったのですが、
本人はなるべく脇に脇にと心掛けたんですね。
逆説的ですが、その心掛けが彼を無理矢理主役にさせてしまう力になったのだと僕は思います。


その渋沢敬三さんの言葉が以下です。

大事なことは主流にならぬことだ。傍流でよく状況をみていくことだ。
舞台で主役をつとめていると、多くのものを見落としてしまう。

その見落とされたもののなかにこそ大切なものがある。それを見つけてゆくことだ。
人の喜びを自分も本当に喜べるようになることだ。

人がすぐれた仕事をしているとケチをつける者も多いが、そういうことはどんな場合にもつつしまねばならぬ。また人の邪魔をしてはいけない。

自分がその場で必要を認められないときは黙ってしかも人の気にならないようにそこにいることだ。



僕は今こうしてピアニストとして生計を立たせてもらっているわけで
毎晩、どこかのジャズクラブで演奏する生活をしています。
本当に有難いことだと思っています。感謝!

だけどOutputばかりではいつか壊れてしまいます。
Inputにスイッチする時間がとても大切で、実はこの時間は僕の音楽に直結してます。
だから、こういった先人の文章を目すると、スッと背筋の伸びる想いがします。

自分の時間を大切に上手に生きていくことが必要。
それは自分が自ら掴んで行かなくてはいけないことなんだと思います。
誰も助けることができないこともある。

自分が事故や病気で思うように動けなくなったりしても、身の回りことや経済的な援助で
助けてもらえることもあるかも知れない。
だけど、自分がどんな環境にあれども必ず自分で選択し実行できることがあると思います。


それは生きる姿勢人格価値観を磨いていくこと。
そして、率先した自己鍛錬を通してあらゆる状況に踏み込み素直に学ぶ心を常に持つこと。どんな逆境でも情熱勇気を持って責任ある行動をとっていくこと。

更には人間関係コミュニケーションを通して成長していくこと。
どんな人に対しても励まし奉仕の精神を持つこと。
そして最後は


この16個のことは全て自分で選択できるということ。
「人生誰もが主人公」なんです045.gif

b0122712_231593.jpg
[PR]

by arapf331 | 2009-11-11 02:04 | 雑記 | Comments(2)  

Commented by ひまわり at 2009-11-11 02:42 x
このタイトルは初めてみた時から気に入ってましたよ。
最近、更新が多いので楽しみにしています♪

うーん、難しい。普段から意識していないと、16個のうち半分も選択出来なそうですね。
明日から実行してみます!




Commented by arapf331 at 2009-11-11 13:01
>ひまわりさん
気に入って頂けてましたか?ありがとうございます。
最近は更新頑張ってます(笑)。
自分から出来ることはやっていこうと思います。
こういうのも慣れからくるもんだと思ってます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 変更・追加あります! ライブ後記とご機嫌なドラマーが... >>