NY旅行記②

連日掲載しているNY旅行記。
今回は中盤戦!!
という訳でスタートです~!!


5月25日(水)
 今日は昼ぐらいに起きて、早速買出しへ。
近くのDeliで惣菜たっぷりと買い込み、部屋で食事。
インターネットカフェを見つけて、そこから日本のみなさんにメッセージを書き込む。
一旦ホテルに戻り、歩の携帯からプーさんに電話。
「今日の午後に来なさい!」とうとうプーさんからレッスンを受けられる!!

まず教えたりすることをしない方が時間を作ってくれたことに感謝。
そして、珠也さんの紹介が無かったら実現不可能だったろう・・。
覚悟を決めてチェルシーのW20 st 7aveにある自宅にお邪魔した。

b0122712_13411166.jpg部屋が広い!Garageタイプでスタインウェイピアノや様々なシンセ類が並べられた楽器室。奥のリビングに通され、同居しているあきこさんに紅茶を頂いた。初めてちゃんとお話させて頂き、緊張しながらもジャズ談義に花が咲いた。プーさんが日本での活動からNYに移って約30年。大変だったと思うが、この生活を見てやはり素晴らしいピアニストなんだと実感した。ピアノを弾きながらタッチやフレーズのアクセントやスピード感のアドバイスを頂いた。

b0122712_13414443.jpgなぜプーさんの音があれだけ緊張感に満ちているのか、少しだけ分かった気がした。8月に日本で発売になるG.Osby(as)とのデュオアルバムのラフミックスのCDRをプレゼントしてくれた。あとプーさんのソロピアノ作品集も頂いてしまった。研究するぞ~!

b0122712_13431579.jpg

あれだけのキャリアを持ちながらも、なんとも気さくな方でした。プーさんが食事を作ってくれるというので、お言葉に甘えて買い物に出かけた。有機野菜しか食べない、アボガドのソースが大好き、ビールはメキシコの黒、とこだわり満載。プーさんと話をしていると、付き合ってきた出てくるミュージシャンの名前が半端ない。Miles,Rollins,Motian,Henderson,などキリがないくらい。さすが!

b0122712_13443845.jpgとっぷり日も暮れて夜11時、プーさんとあきこさんに見送られて自宅を後にした。今日はアポロシアターにアマチュアナイトを見に行く予定だったが、これはこれで最高な1日だったなぁ。


まだまだつづく・・・
[PR]

by arapf331 | 2009-03-31 13:48 | Jazz | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< NY旅行記③ NY旅行記① >>