Goodになれ!

先日テレビでBilly Joelのインタビューやってました。
英会話の番組でしたっけ。

「夢を持って頑張っている日本の若いアーティストにアドバイスをお願いします」
というお約束のような質問がありまして(笑)、、

「まず、小さなところでGOODになることだ。。」との答えが。

そこでインタビュアーが恐ろしい愚問を(笑)





「はぁ、夢は小さく持てってことですか?」




「・・・・・・」


Billyは失笑するどころか、むしろもっと真剣な表情で答えました。

「No,no!夢は大きく持つんだ。でも行動は小さく始めろってことだ」と。


今の小さな場所でGOODになれない人が、どうして大きな舞台でGOODになれるだろうか?
わずかなチャンスを活かせない人が、どうして大きなチャンスを形にできるのか?

小さなパブの顔なじみの客たちすら感動させることができないのに
どうしてカーネギーホールの何千もの人たちを酔わせることができるのか。

そうです。
ドデカい仕事で成功できる人は、小さなつまらない仕事にも全力を尽くした人。


夢というのは、大きければ大きいほど、足元を見失ってしまう危険が伴います。
ついつい、目の前にある現実をつまらないものと考えたり、手を抜いたりしてしまいます。

Billyの「行動は小さく」というのはこの事を戒めているんだと思います。
自分の目の前にある現実をないがしろにしてはいけない。
今の現実の中で力を尽くせる人間になれてこそ、大きな夢を実現するチャンスが与えられるのだ、と。

大舞台で輝く未来の自分の姿を夢見ることができるからこそ、小さなことをやっていても
活き活きと輝いていられるんだと思います。

やはり、Billy Joelの曲って等身大なメッセージでもありますもんね。
人の心にすんなり入ってくる感じ。
自分に置き換えて考えてみてもとても納得できる。

そういう曲や演奏に心奪われるピアニストになりたいなぁと思います。
等身大で。
これが一番難しい。。。

だからトライし続けます。
大きな新しい一歩を踏み出すかはこれからゆっくり考えていきます。





そしてもうひとつ。

「一小悪は即日身を滅ぼすことはなけれども
 その心万事にわたる故 小を積んで大となる」

これは臨済宗の僧、沢庵和尚の言葉。

~ちょっとした悪事を働いたところで、それによってすぐに身を滅ぼすことはないでしょう。
 悪事と言ったってほんの些細なことでしょうから。
 でも、そういう”悪いことをする心”というのは、やがて積みあがって大きなものとなって
 あなたの身を滅ぼすことになります。小さなことだと思って気を抜いちゃいけませんよ。~

僕のような凡人には耳の痛い教えですが、絶対に悪いことはするな、と言っているより

「誰にだって悪いことをする心、っていうのがあるんだから、そういう悪いことをしようとする
 誘惑が出てきたら、ちょっとしたことだと思って油断しちゃいけないよ」
ということだと思います。

目に見える行動の大小よりも、その行動を背後で生み出している、
見えざる”心”を見逃してはいけない、と。

この言葉はそのまま逆のことも教えてくれているんじゃないかと。

たとえ取るに足らないような小さな親切や善意が、自分にできる精一杯のことだったとしても
そういうことをしようと思う”温かい心”は、自分の存在全体の中にあるんだと。

だから、出来ることは小さくても、正しいことをしようと思えた自分の心を大切にしてやろうと思います。



明日31日は高田馬場Gate oneにて記念ライブやります!

高田馬場 Gate one 「復活!!!TA-TA Septet 2009」
               w/佐藤帆(ts)、森田修史(ts)、安東昇(b)、力武誠(ds)、荒武(p)
               ゲスト:和泉聡志(g)

たぶん、ゴリゴリな演奏です(笑)
でも、僕が最初に組んだ大好きなバンドメンバーとの再会ライブです。
みんな10年経っておっさんになってますが、若い頃の熱い演奏を期待していてください!!
[PR]

by arapf331 | 2009-03-30 17:03 | Jazz | Comments(1)  

Commented by すなふきん at 2010-02-06 06:42 x
石井裕之さんの「心のDNAを育てる」という本に出てくる話ですね。
私もその本を読んで感動しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< NY旅行記① 東京を駆け抜けるよろこび >>