新年!

皆様明けましておめでとうございます。
たくさんの賀正メールや電話を頂き、ありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。

皆さんにとって今年も素晴らしい1年でありますように。
僕も頑張って生きます 行きます。
と、ありきたりな挨拶はこのくらいにして。

とうとう明けましたね2009年。
今年は「我慢・辛抱」がテーマになりそうな予感です(笑)

初めてジャズに出会ってから18年が経ちました(早)
あれは高校2年の夏、深夜ラジオから聴こえてきた「Jazzy Night」ってFM大阪の番組。
パーソナリティーは国府弘子さん。
すぐにエアチェックして先生のところに持って行き、

「先生!これなんて音楽なん?教えてや」

「これはね、ジャズって音楽。先生は教えることはできひんで」

「俺、これやりたい」

「クラシックはどないすんの?」

「やめる!これやる」

「ほな、違う先生紹介するからな」

「うん、そうしてや」




最悪な生徒でした(笑)。
早速楽器店の社長と話をしてジャズやることに。
でもまだこの時点ではポピュラーミュージックの範囲で、ジャズなんてとてもとても。

コードネームから教えてもらい、五線譜が鉛筆で真っ黒になるまで勉強しました。
「これがCmaj7やな」って鍵盤押さえながら耳で覚えていきました。
この頃に本もたくさん読みました。


あれから18年。
また初心に帰ろうと思います。
そんな2009年にしようと思います。

当たり前なことを有難く感じられるようになりたい。
高校3年時、受賞者のみのガラ・コンサートに出演したとき、ジャズやらせてもらって
プロのベースとドラムと一緒にステージで「Take the A train」を弾いた時に
感動で足の震えが止まらなかったことを思い出します。

その日の夜
「俺、明日で高校辞めて、ピアニストに弟子入りするけどいい?」
と親に言ったの覚えてます。
相手にされず笑われました。。。たぶん親は覚えてないと思います(笑)



辛抱のときが来ました。
今年は我慢と上手に付き合っていくつもりです。
甘い誘惑はやめてくださいね(笑)
僕は本気です。

姿を消すかも知れませんが、心配しないでください。
水面下で怒濤の変化を遂げていると期待していてください。
それぐらいの覚悟ですので、心配無用です。

ちゃんと演奏は続けていきますが頻度は激減しますので(笑)
はい、月を追うごとに減っていきます。
冬眠ですね。
いつになるかは分かりませんが必ず目覚めます、そのつもりです(笑)



ここでちゃんとご報告させてもらいます。



花の咲かない冬の日は下へ下へと根を伸ばそう
[PR]

by arapf331 | 2009-01-05 00:12 | Jazz | Comments(1)  

Commented by hisa at 2009-01-05 18:53 x
そーですかぁ
じゃあ冬眠前に聴きにいっとかないと(笑)

荒武さんにとってよい年となることを祈りつつ
お目覚めを待ってます。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< おっと・・・ 年末年始! >>